サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.7

評価内訳

9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本

愛し合っていた二人のすれ違い…

2017/08/28 10:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とも - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒュッレムは第一皇女と第二皇子を出産にさらに地位を確かなものにしていく。しかし、自分との間の子という疑念の捨てきれないイブラハムは第一皇子のメフメトの後見は出来ないという…この事が二人のすれ違いの始まり。
次はヨーロッパ攻めの内容になるのか?続きが気になる…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

後見人問題

2017/08/24 00:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:(o´ω`o) - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒュッレムとイブラヒム、どうなってしまうのか…。イブラヒムの気持ちもヒュッレムの気持ちもよく分かるだけに、難しいところ。この先はこの2人の対立に焦点が当たるのかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

第3皇子誕生

2017/11/05 18:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

1年ぶりに戻ってきたイブラヒム。ヒュッレムが産んだ第2皇子に対面するも触れることはなく、そのことに不安を覚える。その真意を問いただすと、イブラヒムは自分の子かもしれないという理由で、皇帝に押すことはできないと言う。ヒュッレムの中でまた新たな野心が芽生え、ついには愛憎の闘いになる気配です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

対立

2017/08/20 07:16

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒュッレムとイブラヒムの対立序章って感じ。
今後の皇位争いがおもしろそう。
ヒュッレムは守りたいだけなのにね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

立て続け

2017/08/29 22:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pope - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレあり。
ヒュッレムが産んだ二番目の子供は女の子だった。
イブラヒムにメフメトの後見を頼むがイブラヒムはスレイマンの子供ではなく自分の子供かもしれないメフメトの後見は出来ないと言う。
スルッと三人目の男の子産んだヒュッレムは本当に強運だなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

スレイマンの心がわからない…

2017/12/15 12:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BB - この投稿者のレビュー一覧を見る

「天は赤い河〜」が面白かったのは、カイルとユーリを応援しやすかったからかなーと今更ながらしみじみ。
ヒュッレムも意地を張り出し、イブラハムも意地っ張り、かつ、肝心のスレイマンの心がわからない…。
史実は確かめていませんが、結局イブラハムがスレイマンの本命なの…?
そしてイブラハムはそれを嫌がっているの…?
大胆な歴史解釈に唸らされた「天は〜」とどうしても比べてしまうところもあるので、なんだかこの話は可哀想なところもあるとは思うのですが、ハマりきれない…。
そして今回も、アヤソフィアに呼び出されたものの、内装はブルーモスクになっているページが。
こんなに有名な建築物を間違えるアシスタントも悪いけれど、チェックしきれていない篠原さんと編集者もどうなのかなー…。1ページすべて背景だからこそ萎える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/04/07 20:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/12 11:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/25 14:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

9 件中 1 件~ 9 件を表示