サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

月魚(角川文庫)

月魚 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー542件

みんなの評価3.8

評価内訳

542 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

素敵です

2016/05/06 23:11

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yu_kotikita - この投稿者のレビュー一覧を見る

三浦しをんさんは、男性の色気を匂わせるのがどうしてこうも上手でいらっしゃるのだろう。
男性2人のそれぞれの過去、それにとらわれる今。
決して分厚い本ではないのに、映画1本分を鑑賞したような充実感がありました、
また、古書について全く無知な私でしたが、この本をきっかけに興味をもてたのもよかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

静謐な海の底で

2017/01/23 16:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

古書の世界というものは深い海を思わせるほど深く広大。それに関わる人たちは古書の海を泳ぐ魚のような存在に見えた。瀬奈垣と真志喜は海底の光もささない静かな場所で二人だけの言語で語り合っていくのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

きれい・・

2019/08/30 03:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:葉隠 - この投稿者のレビュー一覧を見る

BL漫画「花のみぞ知る」の主人公キャラに似た二人が出てきます。
美しい二人の関係にゾクゾクします。
文章も美しく、主人公二人の透明感とぴったりだと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

古書店

2016/04/21 21:42

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:saya - この投稿者のレビュー一覧を見る

古書店を営む男性二人の話。男同士ゆえの壁や切なさ、お互いを大切に思う気持ちが良かった。先を読みたくなる話だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

好き!

2016/02/22 19:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:onew - この投稿者のレビュー一覧を見る

中学生のときに読んだ小説。2人の男性の関係に当時は勝手に妄想してはどきどきしてたのを思い出す。 勝手に2人の小説を書いた黒歴史...笑

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なかなかである。ラストが著者の趣味に引っ張られすぎて、ちょっと残念。

2011/11/12 20:56

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

 三浦さんは軽やかに読ませる作家だ。エッセーでボーイズ・ラブの漫画を愛すると公言するだけあって、男二人組の小説を書くとうまい。直木賞受賞作のまほろ駅前多田便利軒もそう。ただし、いかんせん趣味に走りすぎるとちょっとね、となる。月魚はそういった意味で惜しい作品である。
「水底の魚」「水に沈んだ私の村」「名前のないもの」の三篇からなる。うしろの二編は、水底の魚の設定を受けて、少し角度を変えた話だ。

「無窮堂」という古書店がある。物語の軸は、無窮堂店主の真志喜と、幼な馴染で古書店屋の瀬名垣のコンビだ。瀬名垣は古書店といっても店舗はもたず、卸売専門。仕入れて来ては、古本業者の市に出品したり、専門古書店に持ち込んだりする。実は二人とも古書店のせがれで、瀬名垣は親父の代から、真志喜は爺ちゃんの代からの商売である。

 東京の神田界隈で、この話に出てくるような古書店にお目にかかったことがある。Book Offとは違って、価値のある本を積極的に見つけるというスタイルだ。Book Offのビジネスモデルは成功していて、ある意味で出版不況の一端を担っているのだが、昔ながらの古書店とは雰囲気がぜんぜん違う。三浦さんは古書店でバイトをしていた経験があるとのことだが、こんな店だったのかもしれない。古本屋という表現を使わず、あえて「書店」としているあたりにもほのかなこだわりを感じるところである。

 作中で真志喜が言う。
「図書館に入ってしまったら、本は死んでしまう。流通の経路に乗って、欲しい人の間を渡り歩ける本を、生きている本と呼ぶんだ」
 私個人の考え方には合わないが、ひとつの思い入れとしては充分伝わるものがある。こんな考えの古書店主がいたら、相当に魅力的な人物だろう。古書店主である二人が、過去のしがらみや、幻の本などの思い出なども絡め、コンビを組んで活躍する。古書店の業務が垣間見え、そんな側面もなかなか面白い。

 文庫版書きおろしの「名前のないもの」で、所有欲や愛着について書かれている。不思議と、本というものはそんな香りが強い。なぜだろう。そう言いつつ、我が家の書棚に入った本を眺めると、でもこの子たちは売りたくないんだよな、などと思う自分がいるのである。本当に、なんでだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

匂う以上の

2017/11/06 20:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:偽ウミガメ - この投稿者のレビュー一覧を見る

若くして古本の世界に住む二人のお話。
所々、確信を持たせるBL感。
しかし、さすが三浦先生。そんなことに気づかなくても十分楽しめるストーリー展開なのでは?
ワクワク、ドキドキしながらも、少し憂な世界観にはまり、一気に最後まで読んでしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不思議な関係

2017/08/26 09:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:akiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

三浦しをんさんが描く男性像や、男性どうしの関係は、ご本人の趣味であったり憧れを反映させている面もあるのだろうが、その曖昧な世界は私にとってなんだかふわふわと心地よい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

彼女の可能性

2004/06/05 23:42

9人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:名乃 - この投稿者のレビュー一覧を見る

若く、見目麗しい男が二人、過去に囚われて離れられずにいる。
おそらく作者が趣味に走りまくったのだろう。この小説は作者の趣味によってのみ書かれているような気がする。文章の上手い人が自分の好きな世界を書いた、と言う感じ。厳しい言葉で言うなら、まだプロじゃない。読み手のことを意識していないわけではないが、まだ足りない。
三浦しをんのホモ好きは小説以上のペースで刊行され続けているエッセイ集によって明らかだ。そりゃあもう鼻息も荒く、日々、ふと目に留まった男達の関係について王道と呼びたくなるような妄想を展開させている。ボーイズラブは敬遠しがちな私でも、彼女があの妄想を小説化してくれるならぜひ読みたいと思うほどの面白さだ。特にボンサイダーはぜひ読みたい。しかし照れからなのか、この本の二人の関係はひどく曖昧で、まるで中学生の恋愛のようだ。
文章は上手い。描かれる情景は薫りが立ちのぼるように眼前に浮かんでくる。特に、夜の描写は秀逸だ。「水に沈んだ私の村」や「名前のないもの」での高校生達の夜は、過ぎた日々への憧憬というか、郷愁を誘う。
これまで私が面白いと思ったエッセイの名手達は、何故か小説が余り面白いと感じられなかった。けれど三浦しをんはちょっと違う。次はこんな浮世離れした物語でないものを読んでみよう。残念ながら、この「月魚」は、あの大爆笑エッセイほど私の琴線に触れはしなかった。けれど、きっと次はもっと面白いものを書くに違いない。もう少し書き慣れてさえくれれば、と信じることができた。次は、どれを読んでみようか。同じ版元から出ている恋愛小説か、最近話題の連作集か。
どちらにせよ、きっと面白いに違いない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

水底

2019/11/16 20:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earosmith - この投稿者のレビュー一覧を見る

「せどり」について初めて知り、このような世界があるのかと面白かったです。なにか、水底のいるような不思議な感覚でした、

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/08/12 20:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/19 23:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/07 01:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/07 00:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/14 20:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

542 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。