サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

言語学者が語る漢字文明論(講談社学術文庫)

言語学者が語る漢字文明論 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

漢字を前提としない日本語の可能性とは

2017/09/16 10:40

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Katsu - この投稿者のレビュー一覧を見る

筆者は、漢字は単なる記号であり、言葉ではないと断じる。言葉は音であると。そして、漢字を使い続けることで、日本語の習得は困難なまま、日本語の国際化も果たせず、やがては…。言語学者として極めて強い危機感のもと、本書が綴られている。漢字好きの私が読んでも、納得の一冊。一気に読破しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

漢字文化圏ということを改めて考察した画期的で非常に興味深い書です!

2020/03/02 12:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、漢字を通して見た、文化圏及び文明論として非常に面白い一冊です。同書の著者は、「漢字は言葉ではない」と断言します。では、何なのでしょうか?それは著者によれば「記号」であるということです。漢字はすべて意味をもっており、それを表した「記号」だというのです。いわば、表意文字ということです。そこで、世界的に見て、漢字を使っている中国や日本の「漢字文化圏」とはどういうものなのでしょうか。それを、古くは漢字を用いていたにも関わらず、漢字から脱した独自の文字をもった突厥・契丹・西夏・女真・モンゴルなどに比較しながら、考察していきます。日本文化を見直す絶好の書です!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/09/11 12:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/10/22 20:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/08/15 05:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

5 件中 1 件~ 5 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。