サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

hontoレビュー

官能リマインダー (Chara COMICS)(Chara comics)

官能リマインダー (Chara COMICS) みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本

包み込む愛。

2017/10/17 23:08

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かすみ草 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ルカスの深い愛情が感じられて、ドキドキしました。過去の体験から、なかなか自分を見せられない宗平ですが、掛け値のない愛情を注いでくれるルカスがそばにいてくれたら、少しずつ変わっていけるのかもしれませんね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

さすがアムールの国の血を引く男

2017/10/30 01:06

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mimimi - この投稿者のレビュー一覧を見る

ノンケの友人に告白出来ないまま振られ、撮影旅行先で事故に遭い、偶々助けてくれた日仏ハーフのイケメン(攻)とフランス→日本で関係を続けているけれど、友人的にはそれが面白くなくて、みたいな話し。

自分に正直で懐の深いハーフ君が最高にカッコいい。
己の枷を外すことができない主人公の受はもちろん、恋敵であるその友人の心まで解いてあげちゃうって。

えろ的にはソフトえすえむですが、心情・行為共に攻の愛でいっぱいだし、苦手な方でも大丈夫だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

面白かった

2017/10/16 20:27

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はなはな - この投稿者のレビュー一覧を見る

レビューがそこまででしたが、私的には良かったです。片思いの友達に関してはちょっと不完全燃焼かなとは思いますが、主役2人は可愛らしさもあって面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

手にとってみて思ったこと

2017/09/28 14:18

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あめんぼ - この投稿者のレビュー一覧を見る

まず、分厚い!なかなか読み応えがあると思います。
「石橋~」とはまったく違ったお話です。
苦しい過去にとらわれたまま、それでも少しずつ幸せを感じられるようになってくる
主人公が、一歩踏み出した瞬間は印象的でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

攻が良い

2018/08/31 22:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆきちん - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルに官能とつくだけあって
ウノハナさんの作品の中ではエロい。

フランス旅行で事故にあった受の面倒を見てくれた攻。
もう会うこともないと一夜の関係を持ったのに大学で再会してしまい…
殻にこもっていた受を解放していく攻が情熱的で
でもすごく優しくて、ウノハナさんの作品の中では
いちばん好きな話です。

ズルいけど、親友くんの気持ちもちょっとだけわかる

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

1冊マルマル。

2018/08/09 08:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はいね - この投稿者のレビュー一覧を見る

体から入ると「どこ」で好きになったのかと思っちゃうけど肌を合わせていて
情がわいて愛情にならないかといえば、やっぱならない訳ないのよね。
しっとりジンワリくるカップルでした♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あるべき自分発見

2017/10/09 10:15

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

大学生の宗平はカメラが防御壁のような存在で、そのカメラで植物や虫を捕ることで自分を支えられてた気がする。それが突然同じ大学のルカスが入り込み、宗平は徐々に自分を解放して自分らしくなっていく。少し、哲学風な内容かな~なんて(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

献身的な攻めの愛。

2018/07/14 15:46

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やまだち - この投稿者のレビュー一覧を見る

大学の同級生もの。受け視点、紙の描き下ろしは攻め視点。

ネタバレがあります。

カメラが趣味の受けは、傷心旅行で訪れたフランスで事故に遭い、帰省中の攻め(日仏のハーフ)に助けられます。互いにゲイだった二人は一夜を共に過ごし、そして日本に戻った受けは、大学で攻めとまさかの再会。

受けは過去のトラウマからとある性癖を持ち、受けを愛している攻めはそれに付き合うことに・・・。受けの求めに応じる攻めは、言葉は意地悪だけど願いを叶えてくれる献身さを持っています。

受けがもっと早く素直になれば、二人とも幸せになるのにとヤキモキしつつ、それだけ過去の出来事に深く傷付いていたことが窺えます。それでも受けを見捨てずに見守った攻めは、攻めのお手本です(笑)。

受けがようやく心を開き、抱き締めるシーンは感無量でした。

受けが片思いをしていた、写真部の友達の関与が物足りなかったかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/10/04 15:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/22 17:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

10 件中 1 件~ 10 件を表示