サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

銀の鷲獅子 下(創元推理文庫)

銀の鷲獅子 下 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

子離れと親離れ。

2017/11/04 16:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うりゃ。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

マーセデス・ラッキー氏の作品には「欠落を抱えた少女が自立を獲得する」というモチーフが何度となく現れるが、この作品では欠落というより重荷、しかも少女だけでなく若い雄鷲獅子というコンビがいきいきと描かれる。
親の七光りという重荷に悩む子ども達に対し、なかなか子離れできない親が「自分の子ども」ではなく「自立した一個の存在」として認めるとき、このモチーフはあらたな輝きを増すのだろう。
しかし、ここでまたあの怪物がまた出てくるとは……。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/02/23 01:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/27 12:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/16 14:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。