サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

本の通販ストア 1,000円以上 送料無料キャンペーン ~3/31

hontoレビュー

西郷の首

西郷の首 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
14 件中 1 件~ 14 件を表示

紙の本

島田一郎をどう評価するかそれが問題

2017/12/06 18:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のりちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

確かに伊東氏の著作らしくて面白く骨太に書かれている。しかし、西郷の首が発見されたことで武士の世は完全に終わったと言い切ることが出来るのか。西郷の首とは関係ないのではないのか。
 また島田一郎を時代変革に対応し政治の刷新をはかるために大久保利通を暗殺した英雄みたいな書き方をしているが、とんでもないことである。彼は凶悪なテロリストであり、自分の主義を貫くためには暴力いや殺人もいとわないという危険人物である。大久保とさしで話したことがあったのか。話そうとしたのか。大久保の考えも聞かずいきなり徒党を組んで殺人に及ぶとは言語同断。彼の行為は日本のその後の歴史に重大なブレーキをかけたことになる。
そんな極悪人にスポットを当てたこの小説は、絶対に評価することは出来ない。武士の世が終わって苦労していると明治維新後に言うならば、これまで長年に亘ってその武士に搾取されてきた百姓、商人、町人らはどうなのか。島田一郎はそんなこともわからん馬鹿者なのだ。そんな者を主人公としたこと自体に非常に憤りを覚える作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/01/16 01:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/10 08:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/01 16:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/23 21:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/25 10:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/15 09:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/05/04 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/04 08:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/23 15:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/17 21:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/13 21:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/15 18:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/19 17:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

14 件中 1 件~ 14 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。