サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

地の星

地の星 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー33件

みんなの評価4.3

評価内訳

33 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

切なさが胸に沁みる一言

2017/10/18 13:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンポポ旦那 - この投稿者のレビュー一覧を見る

“見捨てられた子”耀子の癒しと、再生への手掛りを得るまでを描いた前作から、物語の上では十数年。娘を育て、常夏荘の「おあんさん」となっても、まだ自らの確かな居場所を見つけられずにいる。本作では耀子の本当の意味での再生とアイデンティティーの確立~作中の言葉を借りれば「自立、顔を上げて生きること。自律、美しく生きること」~この目的、理想に向け始動する過程が描かれる。
背景には、地域を支えた旧家の没落・苦悩と、過疎化・高齢化が進む地方問題を置き、ファンタジー的要素が多かった前作に比べ、重厚さが感じられる。耀子を取り巻く人々の個性も、より鮮やかに浮かび上がっているようだ。
一方、現実に比べ“御都合”的な展開である事は否めないが、伊吹ファンとしては、それも含めて物語世界に浸りきれる所が妙味である。しかも、前作に比して涙が滲むシーンが少ないな、と安心していたところ、終盤近く、立海が呟く「さようなら、ヨウヨ」の一言には、切なさが胸に沁みる想いがした。
また、本作と前作との間に位置する物語が、来年発売予定とかで、何か釈然としないものは残るが、それ故に刊行が待ち遠しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/11/05 16:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/30 23:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/10 07:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/06 00:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/20 23:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/13 21:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/29 15:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/06 12:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/29 17:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/16 12:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/29 17:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/06 18:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/21 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/23 14:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

33 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。