サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

葉隠入門 改版(新潮文庫)

葉隠入門 改版 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー84件

みんなの評価3.9

評価内訳

84 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

ファナティック(狂信的)ということ。

2004/11/15 02:59

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すなねずみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

>

 三島由紀夫(1925〜70)が自らにとってのただ一冊の「座右の書」であると語る「葉隠」は、佐賀藩士田代陣基が元藩士山本常朝の草庵を訪れて、宝永七年(1710年)から七年あまりの歳月をかけて、その語るところを聞書・編纂したものである。
 山本常朝は、主君鍋島光茂の死に際して殉死(切腹)を望むも受け入れられず、元禄十三年(1700年)出家し、隠遁生活に入る。生前の鍋島光茂が「天下に先んじて殉死を禁止」していたため、殉死の覚悟を固めながら、それを遂げられなかったということらしい。

>(「プロローグ 『葉隠』とわたし」より)

 三島由紀夫(1925-70)の自衛隊市ヶ谷駐屯地での割腹自殺。そんなデータゆえに、この『葉隠入門』自体が今ファナティックなイメージで捉えられがちなのかもしれないと思いながら上の一節を読むと、なんとも皮肉な感じがする。
 無責任に断言してしまおう。(僕は三島由紀夫をほとんど読んでいない……)
「葉隠」も『葉隠入門』も決してファナティックなものではなくて、これをファナティックだと思うならば、そのことのほうが余程ファナティックなのだ。そういう泥仕合……今の世の中にはすごくたくさんあるように思う。そういうのは昔からあったのかもしれないけれど、その矛盾がすごく目につくようになってきて、あたりに淀んだ空気が流れている。そんな時代だからこそ、この『葉隠入門』みたいな本がすごく生きてくる。輝いてくる。
 不思議と僕は三島由紀夫好きな女性たちと縁があって、そんな縁のひとつが広がって『近代能楽集』に入っている「葵上」という芝居に出させてもらったことがある。看護婦役(というか僕は男なので看護士だが)である。そのなかにこんな台詞がある。

「ごらんなさいまし。灯のついている家はもうほとんどありません。街燈の列がくっきり二筋に並んで見えるだけですわ。今は愛の時刻ですわね。愛し合って、戦い合って、憎み合って。昼間の戦争がすむと、夜の戦争がはじまります。もっと血みどろな、もっと我を忘れる戦いですわ。開戦を告げ知らせる夜の喇叭が鳴りひびく。女は血を流し、死に、また何度も生きかえる。そこではいつも、生きる前に、一度死ななければならないんです」

『ノルウェイの森』のなかに、「死は生の対極としてではなく、その一部として存在している」という有名なフレーズがあるけれど、ある程度の年齢になると人は「死」を身近に感じるようになる。天寿を全うするようなかたちで訪れる「死」もあれば、自殺や病死や事故死というかたちで不意打ちのようにやってくる「死」もある。友人の身に、あるいは自分の身に。
「死」を弄ぶようにして語るのは良くない。でも、気づかぬふりをしてほったらかしておけばいいわけでもない。「文藝」の2004年春号(行定勲特集)で行定さんは「僕は映画を撮る、死んだ八人の友のぶんだけ」と語っている。「カッコつけやがって」なんて、これっぽっちも思わない。そういう思いは、絶対に必要なものなのだから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

葉隠、再発見。

2017/09/21 22:54

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

友人が貸してくれなかったら読まなかっただろう一冊。

そして読まなかったら、「葉隠」をずっとただのヤバい本だと誤解してただろうと思います。「葉隠」を引用して現代社会に警鐘を鳴らす三島由紀夫の文章はフラットで読みやすかったです。葉隠の読み方に関する文章だけでも読むべし。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

葉隠入門

2001/09/18 19:01

5人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:げっぷ5号 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「武士道というは、死ぬ事と見付けたり」という有名な言葉が載っている有名な倫理書を三島が論じている。この本には彼の精神的な源泉が詰まっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/11/21 19:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/26 23:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/08 15:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/09 11:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/04 12:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/23 13:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/19 23:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/29 07:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/05 12:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/31 02:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/21 01:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/03 14:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

84 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。