サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

スタープレイヤー(角川文庫)

スタープレイヤー みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー26件

みんなの評価3.8

評価内訳

26 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

危険な出発点

2019/08/21 10:08

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ワシ - この投稿者のレビュー一覧を見る

始まりはなんとなく小金井あたりから。
いやまずいって、くじ引きで古賀亮一が一等を引いてたらどうするんだい!?
三津田信三(武蔵名護池→武蔵小金井)がたまたま外出してたらどうする気だい?
エルフばかり出現させて星十個使い切っちゃったり、アレとソレを無闇に出してヒタッヒタッ、ペタペタとうごめかせてしまうよ。
震えるほどの完成原稿で惑星を埋め尽くして、股間のバッジがはなはだ反応したり、暗闇をあれがひたひたと動き回り「マキオさんがいないと話が珍道中になってしまう」と書きながら珍道中にしてしまうよ。
だけど主人公が斉藤夕月(女性・無職・34)だから、自分が主役のメタフィクションに書き換えられる心配はないよ。
石松君もただのプログラムだから全然いやらしくないよ。安心だね。


既に定評がある作家だけれども、人物の視点から世界を構築する手法はそのまま、一見ぶっ飛んだSFかと思わせておいて、国籍不明のハイ・ファンタジーに一気に引きずり込まれる。

自分の脚を切った男とのやり取り、前夫との諍い、それを招いた小僧との火遊びに興じた懊悩。
全能に近い力を手にしながらそれによって破滅し、望んで出現させた世界に飽いてしまい自らを消し去るプレイヤー。
カプリマルグの独白は強烈だった。
「一人だけ真実を知っているってプレッシャーに耐えられなくて、怖くって、オメーを呼びつけて、相談したってわけだ。」
こうしたセリフ回しや動機付けがうまく、妙な現実感と重たさを持たせている。
適度な緩急と、冗長にならないよう配慮された構成もあって、読み進めるのは苦にならないどころか、一気に読み終えてしまうのではないだろうか?

フルムメアは世界の創造主なのか?かつてこの問題をめぐって、小野不由美も犯した手痛い失敗。
本作ではそれ自体を詮索しても意味のない存在にされている。
それこそ、honto.jpが物理的にどこのサーバーに格納されているか?なんて聞くようなものだ。

まだ見ぬ大都市"ヘブン"を見る日はくるのか、続刊をお楽しみに。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これぞファンタジー!

2017/09/20 23:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かな - この投稿者のレビュー一覧を見る

これぞまさにファンタジー!といった感じのワクワク感満載の1冊でした。海外文学にありそうなRPG要素を兼ね備えた展開で、あまり本を読まない人でもつい引き込まれてしまいます。続編も出ているそうなので、読むのが楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人はなんでも出来る時に何をするのか?

2017/08/31 15:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

初見の作家さんです。

とても読みやすい文章でした。
とにかくスラスラと読めてしまいます。

主人公を女性にしたことがとても重要で成功だったように思いました。
それは様々なことの選択の自由という意味で、これだけ男女同権とか言われて久しいけれど現実のこの世界ではまだまだ女性の方が制限が多くあるように私が感じるからです。

あと男性だと戦争の場面でもランボーみたいな超人的ヒーロー活劇になりやすいところを女性にしたことで、自分という個人の意思に関係なく巻き込まれる立場からの戦争や争いを描くことが上手くなされていたと思います。

ファンタジーとしてとても楽しい物語ですが、その中に込められた問いかけはとても根源的で大切なものばかりでした。

数が10と限られているとはいえ、全知全能の力・神のような力とも言えるもの与えられた時、人は何を考えどう行動すべきなのかを本当に真剣に考えることができるのか?

もっと現実に近づけて考えると「自由」とはどのようなことなのかを問われているように感じた作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

単なるRPG

2020/02/08 12:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Koukun - この投稿者のレビュー一覧を見る

「異神千夜」や「夜市」の作者であるだけに、新分野は同様な作品かと期待して読んだが、全くの期待外れ。
ご都合主義の単なるRPG。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

たまに無理がある

2019/08/22 13:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じゅり - この投稿者のレビュー一覧を見る

はじめの方は面白かったけど
深みがちょっと物足りなかった。主人公もあまりすきになれないし思い入れもない笑。
この先少し内容含みます。





まず主要人物が日本人が多いことに無理があるかなと思いました。一番危うい所で幽が出てきてさらには日本人なところとかちょっと無理があるなあという感じ。
マキオも田中も日本人だし。ラナログともほとんど言葉通じてるし。
そして主人公もさほど魅力がなく思い入れが弱い。
普通の人がスタープレイヤーになったというところがいいのかもしれないが、なぜかゆづきはあまりすきになれない。
帯にイッキ読み!と書いてあったけれど、ぼちぼち読みました、
二作目はいいかなぁ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

行き当たりばったりで良くはない

2019/04/15 16:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えにぐま - この投稿者のレビュー一覧を見る

オープンワールドRPGを下敷きにしたファンタジー。
ストーリーは行き当たりばったりで、初めに設定した小説上のメタ設定はどんどん緩められていき、向こうの世界の原住民が出てきた時点で終わったと思った。
貴志祐介らの様なストラテジーものを期待するなら肩透かしだし、何でも願いが叶えられるという文言から広がる発想の自由さと物語の広がりはイコールではない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/02/28 10:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/03 16:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/23 23:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/23 11:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/19 14:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/08/16 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/14 12:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/18 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/05/03 18:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

26 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。