サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

アウトレットポイント5倍キャンペーン 10/31

hontoレビュー

殿下のお子ではありません!

殿下のお子ではありません! みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

マリーが可愛い

2017/09/30 20:33

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みかみか - この投稿者のレビュー一覧を見る

身ごもった時には男は島を去り、音信不通。
娘・マリーを生んだ後、アニエスは母と共に島を出ます。
すると王都でまさかの再会。男は王弟殿下で、謀略により島へ戻れなかったらしい。
でも、マリーを危険な目に合わせたくないアニエスは思わず『殿下のお子じゃありません!』と宣言してしまい……という展開。
父親そっくりなのは一目瞭然なのに、往生際悪く抵抗するアニエスは可愛かったです。
でも、何よりも可愛かったのはマリーですね。
たどたどしい言葉や態度で必死に母を守ろうとしています。
クロードもすぐに骨抜きになって甘やかすし、絶世の美女だけど少し気難しい祖母もメロメロにしています。
アニエスはおっとりしていますが、アニエスの母ディアヌは凄いリアリストでポジティブ(笑)
1カットしかなかったけれど、もう少しイラストで見たかったです。
ラストまで読めば一番の勝者はディアヌだったんじゃないかと妙に納得してしまいました。
ヒーローであるクロードは望まない運命に翻弄されつつも一途なロマンティスト。
でも、個性が強い女性陣のおかげで少々影が薄い印象でした(笑)
マリーに気に入られようと孤軍奮闘する姿は読んでて楽しかったです。
クロードの背後関係に少々あやふやな点が多いのは残念だけど、テンポがいいので最後まで一気に読めますよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/09/29 16:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2 件中 1 件~ 2 件を表示