サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

hontoレビュー

サラバ! 中(小学館文庫)

サラバ! 中 みんなのレビュー

文庫 152(2014下半期)直木賞 受賞作品

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー48件

みんなの評価3.9

評価内訳

48 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

サトラコヲモンサマの秘密

2018/01/18 09:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:touch - この投稿者のレビュー一覧を見る

上巻に引き続き、淡々と歩の心情と生活が描かれていて、読みやすい文体のおかげか、スイスイと読み進めてしまう。

幼い頃から周りに気を使ってきた歩が、徐々に殻を破りつつある感じが、興味深い。

終盤、とうとうサトラコヲモンサマの秘密が明かされるが、その正体にズッコケながらも、なんだか妙に説得力を感じてしまう。

これからの歩の人生、そして家族・友人との関わりが、どのようになっていくのか、下巻が楽しみ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

話の展開に期待

2018/01/07 09:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポッター - この投稿者のレビュー一覧を見る

人との接し方の描写にリアル感がある。
家族一人一人は、あまりにも独特すぎるが、でも愛着が湧いてくるんだよね。
サトラヲコオモンサマの下りは、そおゆう事だったの〜と笑えた。
この話が、どうなっていくのか楽しみ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

歩の青春か

2018/01/02 20:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:端ノ上ぬりこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

両親の離婚が決まり、日本に帰国してから、歩は順調に目立たずいじめられもせず、高校ではサッカー部で活躍する。友達の須玖に影響受ける。姉は高校にも行かず矢田のおばちゃんの家に入りびたり、サトラコヲモンサマに心酔する。その後、阪神大震災が起こり、歩は東京の大学生活に入る。放蕩の一年生の生活から決別し、映画研究サークルで鴻上と出会い、男女の友達となる。アルバイトの延長で軽い読み物のライターとして生計を立てる。姉は父と暮らしていたが、巻貝アーティストになっていた。父は何故か離婚後も母や母の実家にも仕送りしている。母は再婚する。
歩の青春時代なのか。こんなに何となく生きて順調に行くものなのか・・・。下の展開が気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

歩のピーク

2017/11/16 19:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤマキヨ - この投稿者のレビュー一覧を見る

上巻で親友のヤコブと別れ、エジプトを離れた主人公の歩。ちぐはぐな家族の中で身につけた身の処し方で、目立たぬよう無視されないよう、そろそろと世の中へ踏み出してゆきます。遠藤周作の『私のイエス』の中の言葉を使うならば、おそらく善行にも悪行にも踏み込んでゆかぬ「ぬるき人」。それでも、うまく世を渡ってそれなりの仕事も得られるようになってきたところに、またしても姉の影が。「サラバ!」は対照的な姉弟の確執というか桎梏というか、そんなテーマなのかと思いつつ、歩に感情移入して読み終えた中巻。でも、これは下巻へ向けて一気に下って展開していく、ローラーコースターの頂上を描いているのだったかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

思春期~大人へ

2017/11/04 12:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tomtom - この投稿者のレビュー一覧を見る

子どもから大人へ。それでもまだ「大人」と言われるのに違和感を覚える時期なのかもしれない。
正しいのは家族の中で僕ひとりだけ…。って、誰もが思ったことがあるのかもしれない。いや、でもこのお話のご家族はちょいと常軌を逸しておられる様子。
[上]に比べて読むペースがグッと上がりました。面白かったからかな。個人的なコンディションの問題かな…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

男子男性のきもち

2018/06/01 17:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:deka - この投稿者のレビュー一覧を見る

主人公の日本に帰国してからの学生時代・・・自分には男兄弟がおらずこんな学生生活を送るのか~と。自分の高校時代は共学だったけれど男子がこんな風にすごしていたのか・・・とか昔の遠い記憶をたどりながら感心した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

中休み

2017/12/16 22:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:てつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

西さんはそんなつもりはないだろうが上巻、下巻に比べると中巻は面白みに欠ける印象。だだ、言っておきます、下巻はいいです。goodです。殿堂入りの本になりますよ。だから中巻も読破しよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

さらに続く歩君の物語

2017/10/27 14:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:maki - この投稿者のレビュー一覧を見る

う~ん。。。。
ここまで来たら下巻まで読むけど・・・
なんだかなぁ。。。
家族は選べないからしょうがない。
だからもっと大人になろうよ、歩君。って感じ?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/12/28 03:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/13 10:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/25 18:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/10 10:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/18 17:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/24 13:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/17 21:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

48 件中 1 件~ 15 件を表示