サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

生活応援! 現金3万円プレゼントキャンペーン(~10/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー50件

みんなの評価3.9

評価内訳

50 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

手元に1冊

2019/07/31 18:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nap - この投稿者のレビュー一覧を見る

米沢穂信さん、あるいは古典部の作品が好きなら、
手元に1冊おいておきたい本ですね。
盛りだくさんの内容です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

古典部ファンには垂涎の一冊

2018/12/30 09:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まっしゅ - この投稿者のレビュー一覧を見る

古典部シリーズは読めば読むほどに、それらの舞台設定や背景が知りたくなる作品なのだが、この本には我々の欲求を十二分に満たしてくれる様々な特集が組まれている。古典部ファンなら是非書店で手に取ってみて欲しい一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

米澤穂信と古典部を読み終えて

2017/12/13 21:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:怜音 - この投稿者のレビュー一覧を見る

大好きな古典部シリーズの解説本ではあるが、対談集「米澤穂信とミステリ作家」では、読みたくなるミステリが次から次へと出てくる。よってこれは単なる解説本ではなく、読者をミステリに誘引する入門指南書でもある。かくいう私も何冊かミステリを買い込んでしまった…。 書き下ろし短編も秀逸。折木ならなるほどこんなトリッキーな読書感想文を書くであろう、と思わせる。ネタが分かった時は、バスの中にも拘わらず隣のおじさんがびっくりするほど大笑いしてしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

なるほど〜

2017/11/13 22:39

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

10月の半ばから飛び飛びで7日間、3時間強での読了でした。実はムックだとは気づかずDL(笑)米澤さんと古典部のことをいろんな方向から知ることができ、買ってよかったなと思います。中には他で読んだものもありましたが、日も経っていたし気にはなりませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本は薄いけれど、内容は濃かった...

2019/07/10 00:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:氷狼 - この投稿者のレビュー一覧を見る

薄めの本ですが、中を見ると...
米澤氏の古典部シリーズの執筆の裏話?からスタート。 いや、古典部だけでは...
続いて、書き下ろしの古典部。
これが読みたかった。 タイトルが気になっていたし...しかし、これは...奉太郎って...
久々の古典部、良かったです。
長編なら更に良かったかと。 ま、それは次回作に期待です。

そして、北村氏と恩田氏との個別対談。
古典部の解説、古典部の隠れネタ(これは中々...)、質問コーナー(読者からの)、古典部メンバーの本棚と続きます。 一番らしいと思ったのは摩耶花の本棚かと。

後は米澤氏の仕事場、ルーツ?、講演録、綾辻氏、大崎氏との対談、ハルヒシリーズの谷川氏らからの質問、古典部ディクショナリーで終了です。

最初は薄いと思いましたが、割りと内容は濃かったかと。
古典部ファンは持っておいて損はない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

古典部シリーズの原点

2017/10/22 18:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

15年間にも及ぶ古典部シリーズの魅力が伝わってきました。膨大な量の読書や広範囲に渡る交友関係が支えているのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

新作が読める

2017/10/22 08:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きた - この投稿者のレビュー一覧を見る

古典部のムック本。ミステリー作家や声優たちと作家である米澤さんとの対談や新作が読める。Q&Aのような詰まらないページもあるが古典部シリーズの次回作が待ちきれない人なら買う価値あり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/02/28 15:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/14 20:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/23 21:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/03 17:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/14 19:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/10 23:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/20 23:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/28 08:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

50 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。