サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大切な人に贈る本 ポイント5倍キャンペーン(~1/9)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

ハリウッドの赤狩り、その人間模様や映画作品も解説する意欲作

2018/01/24 03:56

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりくり - この投稿者のレビュー一覧を見る

第二次世界大戦後のハリウッドの赤狩りを描く。
赤狩りは冷戦下アメリカで始まった。第二次大戦では、ナチスドイツに対抗してアメリカとソ連は手を組んだはずだった。しかし、戦争終結後この2大超大国が覇権を争う冷戦期になると2つの大国では思想統制が強まった。アメリカではこうした中、共産主義の排除を目的に赤狩りが始まる。ハリウッドは大衆の耳目を集めるためスケープゴート的に標的にされた。
第1巻目は、その始まりの背景、「アカ」と呼ばれたハリウッドテンの法廷闘争の始まりを主軸に、盗聴など卑劣な方法で情報を収集するFBIなどの動き、ハリウッドテンを代表する脚本家ドルトン・トランボが書いた映画「ローマの休日」などに焦点が当たる。トランボは、赤狩りで映画界から排除され、『ローマの休日』を友人の名前で書く。ローマの休日がトランボ脚本であったことは、トランボの死後に発覚する。これらの経緯は「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」と題して2015年映画化されている。本書では主演の」オードリー・ヘップバーン、ワイラー監督にもスポットライトをあて、「ローマの休日」を重層的に描いているところも読みどころだ。縦軸は赤狩り、横軸は「ローマの休日」「エデンの東」「猿の惑星」の映画作品という構成で話が進んでいくことがイントロからわかる。
「赤狩り」時代に迫るとともに、その人間模様や映画作品も解説する意欲作。

今なぜ、ハリウッドの赤狩りをテーマにしたのか? 
私は、やはり作者の問題意識は、赤狩りと同じ状況がアメリカや今の日本に忍び寄っているという認識があったからではないかと推測する。アメリカ国家による盗聴システムがスノーデンによって暴かれた。日本では共謀罪が成立した。北朝鮮の脅威をあおる権力者におもねるマスメディアなどなど。「市民の自由、表現の自由が奪われてはならない」そんなメッセージが聞こえてくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

リアルで内容が充実している。

2018/03/13 08:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:3dayuh - この投稿者のレビュー一覧を見る

非米活動委員会の目的は、国益を守ることであった筈であるが、当時のソ連に対抗しようとして、思想・表現の自由を弾圧したので、国益がそのまま国民の利益であるとはいえないことが分かる。
 FBIも、スパイ活動、盗聴器設置、脅し等によって、ハリウッドを画一化された映画作りに追い込んでいくので、結局、アメリカをソ連等と同様の国家に堕落せしめてしまった。
 オードリー・ヘップバーンが、後年、ユニセフ親善大使になったのは、ナチスによる虐殺を目の当たりにしたり、栄養失調を経験したことから想像できる。 
 戦時中の日本もそうだったが、資本主義、社会主義、あるいは封建主義等を問わず、一部の人たちの利益を追求しようとすると、全体主義に陥る危険があるが、教条主義では創造力を発揮できない。
 本作品は、一部、目が小さすぎたりして顔が少し怖い(劇画にも限界を感じる)が、リアルで内容が充実している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ぜひ一読を

2018/09/30 22:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

赤狩りと言われても若いみなさんはピンとこないでしょうね。でも、おととし、世界史の授業で、高校1年生とともに、チャップリンを中心に赤狩りの時代を学びました。核兵器の開発競争との両輪で、ビキニ事件などとともに、高い関心を持ってくれました。そして、かっこうの本が誕生しました。まずは、読んでください。盗聴合戦みたいなことも、冷戦の汚さも、学ぶことができるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。