サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【店舗】初めての“店舗お受け取り”ご利用で50ポイントプレゼントキャンペーン(~10/31)

hontoレビュー

キャロリング(幻冬舎文庫)

キャロリング みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー69件

みんなの評価3.8

評価内訳

高い評価の役に立ったレビュー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2018/01/12 12:08

文庫サイズ

投稿者:イシカミハサミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

有川さんの作品には基本悪人がいない。
日常でのボタンの掛け違いから
普段「普通な」人の小市民的な一面が見えて、
そこから亀裂が広がって……
みたいな展開が多い。

などと改めて思ってしまったのは、
今作にはさすがに悪いやっちゃなあ、な方が登場したから。

「赤木ファイナンス」の面々に関してはほぼファンタジー。

わりと有川さんの本に関しては
単行本で買ってしまうことも多いのだけれど、
今作を見送ったのはそういう意味では正解だった。

それでもさすがは有川さんで読まされる。
田所家の顛末。
大和と折原。
どれもいちばんのかたちに収束していく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

低い評価の役に立ったレビュー

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2017/12/07 23:41

忘れられない・・・

投稿者:earlgrey33 - この投稿者のレビュー一覧を見る

キャラメルボックスが舞台化した有川浩さんの「キャロリング」。今年亡くなった同級生と観に行ったのは5年前。忘れられない小説です。久しぶりに読み返してみます〜!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

69 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

文庫サイズ

2018/01/12 12:08

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イシカミハサミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

有川さんの作品には基本悪人がいない。
日常でのボタンの掛け違いから
普段「普通な」人の小市民的な一面が見えて、
そこから亀裂が広がって……
みたいな展開が多い。

などと改めて思ってしまったのは、
今作にはさすがに悪いやっちゃなあ、な方が登場したから。

「赤木ファイナンス」の面々に関してはほぼファンタジー。

わりと有川さんの本に関しては
単行本で買ってしまうことも多いのだけれど、
今作を見送ったのはそういう意味では正解だった。

それでもさすがは有川さんで読まされる。
田所家の顛末。
大和と折原。
どれもいちばんのかたちに収束していく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不幸の比べっこ!

2018/05/07 23:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しんごろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

クリスマスを前にドタバタする話!ちょっといつもの有川作品とは違うお話でしたね(^^;)不幸の比べっこなんかしたって仕方ないだろ、辞書が違う…このフレーズはすごく印象に残りました。会社の倒産、離婚などのワードがあるにもかかわらず、重たいけど、ドタバタのシーンがあったので、さほど重さを感じず、現実を突きつけられた感じの終盤のシーンは、航平には頑張っていい男になれ!と応援したくなり、大和と柊子には幸せになってほしいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

クリスマスに向けて・・・

2018/03/04 02:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papakuro - この投稿者のレビュー一覧を見る

いきなり凄惨な暴力シーン。
そりゃあ、この作者の作品は自衛隊三部作や図書館戦争シリーズなどバイオレンスなシーンは珍しくもないのですが・・・
タイトルとあまりの相違に、引きました。
まあ、クリスマスに向かってはいく話なのですが。
その後も主人公の悲惨な生い立ちが続き、この辺でいやになってしまう人もいるのではないでしょうか。
かえって、悪役側のなれそめの方がすっと読めた。
でもこんな裏社会のことなんてどうやって情報集めたんだろう。
一応ハッピーエンドなのだろうけれど。
ベタ甘が得意な作家ですが、主人公が彼女と今後うまくいくとはとうてい思えない。
大人の勝手で不幸になった子供たちが不幸の比べっこをする話です。
「子は鎹になんてなんねーよ!」と捨て台詞が聞こえそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

忘れられない・・・

2017/12/07 23:41

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earlgrey33 - この投稿者のレビュー一覧を見る

キャラメルボックスが舞台化した有川浩さんの「キャロリング」。今年亡くなった同級生と観に行ったのは5年前。忘れられない小説です。久しぶりに読み返してみます〜!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/08/21 19:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/10 23:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/31 15:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/18 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/09 09:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/27 11:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/16 22:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/10 20:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/15 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/14 12:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/22 12:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

69 件中 1 件~ 15 件を表示