サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

hontoレビュー

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お泊まり先生 女教師、そして隣人姉妹も(フランス書院文庫)

お泊まり先生 女教師、そして隣人姉妹も みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー0件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

安定の高い淫靡さにヒロインからのちょっぴりな責めを加えて

2018/02/25 20:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルに示されているものの先生が主人公宅へ頻繁に泊まったり連泊して入り浸るようなことはない。ただ、今は20歳の社会人主人公が転勤で帰郷した際に先生との卒業時の約束を果たすことが『お泊り』の要因になっているのは良い設定だった。これによってメインヒロインの女教師【英理子】28歳とは早々に恋仲といった扱いになることで後々に出てくるサブヒロイン達と主人公との関係を心配するような場面も目立ってくるが、恋物語としての「掴み」は申し分なかった。

幼馴染み同然に過ごしてきた隣人姉妹が秘かに恋心を抱いていたのは定番設定ながら、主人公と英理子の仲を知る過程に違いを出すことで物語性が増している。知らなかったと驚きながらも事実と受け止めたり、以前から何となく知っていながらも想いが抑え切れないといった、立場の違いも踏まえた心情が描かれていた。最近のフランス書院文庫だけに大体の予想がついてしまう結末にあって、そこへ至る道筋にどこまで妙味を加えられるかが作品の良し悪しに関わってくるのであろう。本作に限らず、この作者のストーリーテリングは巧みである。

今は大学生ながら部活動の後輩指導に訪れていた母校。そこで主人公と再会する【若菜】19歳にとっては運命的だったかもしれないが、時すでに遅しでもあったのは妹キャラの宿命なのかもしれない。決定的な場面に遭遇して切なくなるも気丈に振る舞おうとする中で主人公に「初めて」を捧げている。

以前から主人公の姉貴的存在だった【千穂】24歳は同じ高校の事務員なことから英理子とも知己の間柄。主人公とも英理子とも近い立場から全体を俯瞰している人物でもある。こちらもまた以前から淡い恋心を抱きながら、気づけば英理子と恋仲になってしまった主人公へ忸怩たる思いが生じ、今は若妻ながらも主人公を誘惑するに至る。ここでは英理子に去来した「男の子をちょっぴりイジめる快感」が千穂によって増幅されており、後の伏線のようにもなっている。未知の世界を知らしめられた主人公もまた快感に目覚め始めており、最終局面における年上お姉さん方からの責めに悶絶する下地ができているようである。主人公からの仕返しとばかりの逆襲もある。

多彩なシチュエーションで淫猥度の高い官能描写は相変わらず。とりわけ序盤から中盤は愛情たっぷりな情交が興奮を誘う。ただ、終盤にかけて徐々に(女王様然とまではいかないが)ヒロインと主人公の主従が逆転するような描写が見られるので、この辺りは若干ながら好みが分かれるかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示