サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

hontoレビュー

hontoアダルト認証

警告!18歳未満のアクセス禁止

ここからは成人向け商品を取り扱いしているページです。
18歳未満の方のアクセスは堅く禁じております。閲覧はご遠慮ください。

このページで「はい」を選択するとセーフサーチがOFFに変更されます。

ページを表示しますか?

セーフサーチとは?

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

母娘温泉〈子づくりの宿〉(フランス書院文庫)

母娘温泉〈子づくりの宿〉 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

オーソドックスな誘惑路線に作者お得意のキャラを乗せて

2018/05/10 23:34

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:DSK - この投稿者のレビュー一覧を見る

それぞれの立場から主人公を慕い、想い、求めるヒロイン達という王道的誘惑ストーリーに「青橋キャラ」と称したいほどの、この作者らしいキャラ設定がきちんと化学反応した作品と感じた。ここしばらくの「黒本」では短編集やアンソロジーが続いていた作者だけにオーソドックスなスタイルが却って心地良く、久し振りに作者のテイストを堪能した心持ちである。

19歳の主人公が幼い頃から懇意にしていた温泉旅館の家族。その姉妹と若き義母の3人がヒロインである。遠方の大学に通い始めた最初の冬にアルバイト(半ば単なる手伝い)をするために帰省したところから話は始まる。

鷹揚としながらも開放的な25歳の姉【麻沙美】は離婚検討中
浮気された夫とは離婚する気だが子供は欲しいと願っていることが子宝温泉という舞台の由来と併せてサブタイトルに起因している。今は里帰り同然の悠々自適な旅館ライフを送っており、鷹揚な態度で主人公に迫る。義母や妹に隠れながらも主人公の子種をオープンに欲しがり、貪欲に求めている。

清楚で貞淑な34歳の未亡人な義母【弥生】は可愛く嫉妬する
夫亡き後の旅館を切り盛りする淑やかな弥生だが女盛りの空閨をひっそりと宥めており、実は亡夫によってオンナを開発されている。息子同然に接していた主人公の成長した姿に目を細めていたが、ふと風呂を共にしたことから主人公に迫られる仕儀に至り、自身に潜むM性を見抜かれている。

19歳の勝気な妹【桃華】は何かと世話を焼く一番の幼馴染み
久し振りに目にしたような、実に分かりやすいツンデレ。冒頭より登場しては早くもデレているが、鈍感な主人公は全く気づかない鉄板のやり取りが続く。旅館の仲居として先輩風を吹かせているが、気がつけば麻沙美や弥生に先を越されており、自分を除いた3人で乱れているところを覗き見て発情したりしている。

年上の余裕ばかり前面に出ていたのがそうでもなくなってきたり、慎み深かったのがキュートな嫉妬を見せるようになったり、ツンデレはツンからデレになるといったように、結ばれる前後でヒロイン達にちょっとした変化が表れている。この匙加減の絶妙さが巧みである。露天風呂での情交を印象的に配しつつ部屋でくんずほぐれつするのをダイジェストを含めて数多く盛り込んでいるのは好印象。離婚間近とはいえ人妻の20代と未亡人で経験豊富な30代に生娘の10代とヒロインの塩梅も申し分ない。

元より主人公への恋心を知っている麻沙美や弥生だけに最終的には桃華と主人公が恋仲となりつつ全員で共有する関係で落ち着く。想定内の安定した結末なれど、今回に限っては青橋節たっぷりの王道路線が堪能できただけで充分に意義が見出せるものだったと言える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。