サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

hontoレビュー

指令コード(ハヤカワ文庫 SF)

指令コード みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

ローダン565 指令コード

2018/06/14 11:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tm - この投稿者のレビュー一覧を見る

お馴染みドイツのリレーSF作品ローダンシリーズの日本語翻訳版第565号。
変節した女コスモクラートのヴィシュナは時間ダムの秘密を見抜き、ロボット種族のクロングとパルスフに地球を攻撃させてきた。“真空稲妻”のエネルギーの一部が時間ダムを突き抜け、プシオニカーたちの意識をつらぬき精神障害をあたえた。そんな精神障害者の数名が、なぜかクロングとパルスフに強い親近感をいだきはじめ、クロングとパルスフの方も精神障害者が指令コードを話していると判断した。クロングとパルスフの反応がプシオニカーの脳の精神状態によるものと知ったレジナルド・ブルは、この状況を利用してヴィシュナのたくらみを打ち壊そうと考える。クロングヘイムとパルスフォンに行き、ヴィシュナがそこで細工したロボット達の中央制御装置を操作しようというのだ。薬物で脳の精神障害をおこさせてロボット達に指令コードを話す者とみなされたレジナルド・ブルだったが、その効果の切れる時間が刻々と迫る。ブルの作戦は成功するのか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示