サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「夜を読む本、夜に読む本」 ポイント5倍キャンペーン  ~3/5

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

シュロモの声を永遠に響くようにするのは、これからは若い世代の責任

2019/02/17 17:50

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりくり - この投稿者のレビュー一覧を見る

ヒトラーによって、第二次世界大戦で、400万人ものユダヤ人がアウシュビッツなどの絶滅収容所で殺された。戦争中,ナチスに処刑されたユダヤ人の総数はおよそ 570万人と推計されている。
本書は、絶滅収容所に送られた中から、選別されたユダヤ人が、同胞の遺体処理をする特殊任務部隊に配属された過酷な実態が、生き残ったシュロモ・ヴェネツィアへのインタビューで明らかにされている。
本書の巻末には、「歴史のノート」の章で、アウシュビッツ専門の歴史家マルチェッロ・ペゼッティが、アウシュビッツが作られるまでの経緯を紹介している。ナチスは当初ユダヤ人の殲滅を目的に、征服した村や町,都市のユダヤ人を射殺し,近くの共同墓地に埋め、また,犠牲者を密閉したトラックなどに押し込め,排気ガスを荷台に引き込み,共同墓地に向かう途中で死にいたらしめるという方法をとっていたが、あまりにも効率が悪いために,人里離れた「絶滅収容所」で殺人と火葬を行なうという計画たて、1942年「ユダヤ人問題の最終的解決」として,ヨーロッパの占領地全体からユダヤ人を東部の収容所に組織的に移送し,「しかるべき扱い」に処するという決定をする。
「しかるべき扱い」とは、大量処刑であり、特別に建設されたガス室に消毒のためと称してシャワー室だと偽装し、移送されてきた大量のユダヤ人を押し込め殺人ガスで死に至らしめ,ガス室から運び出された遺体は隣接する火葬場で火葬し、遺骨を粉砕し、近くの川に流すというもの。
この処理をしたのが特殊任務部隊であり、シュロモがインタビューでその詳細を包み隠さず語っている。特殊任務を行っていたときの心のありようも語られながら、遺体の様子、処理される様は読み進めることも辛くなる。また、特殊任務部隊が反乱を企てるが、その顛末も証言されている。貴重な歴史的な記録だ。
本書の序文に寄せられたショアー記念財団会長のシモーヌ・ヴェイユのことば「シュロモの声は、すべての強制収容者の声と同じように、いつかは消えるでしょう。忘れることなく、シュロモの声を永遠に響くようにするのは、これからは若い世代の責任です」は重い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/08/19 14:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/02/14 19:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/29 17:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。