サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

hontoレビュー

明日の子供たち(幻冬舎文庫)

明日の子供たち みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー43件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
43 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

繊細な気持ちの機微をやさしい視線で描写

2018/06/12 02:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:美佳子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『明日の子供たち』は児童養護施設をテーマにしたお話です。実際に児童養護施設に入ってた当時高校生の女の子が著者に、施設のことをより多くの人に正しく知ってもらいたいので、施設をテーマにした小説を書いて欲しいと手紙を書いたことがきっかけで、著者が取材して作品化したとのことです。文庫のあとがきはこのリクエストをした当事者の方が書いています。

元ソフトウエア関係の営業職だった三田村慎平が児童養護施設に転職するところから話が始まります。彼の施設の子どもたちに対する勝手な思い込みが指導担当の先輩や施設の子供たち、特にしっかりした高校生の谷村奏子に初っ端から打ち砕かれ、少しずつ施設の在り方と子どもたちに対する理解を深めて行きます。本編は5章ですが、章と章の間に子どもたち目線及び他の慎平の同僚たちの目線で書かれた番外編が挿入されています。

基本的に慎平目線で書かれていますが、目線は必ずしも固定されておらず、施設に入所している当事者と施設関係者たちのそれぞれの思いや人生を踏まえた上で、互いにぶつかり、悩み、迷い、歩み寄り、関係を築き上げていく群像劇のような印象を受けます。繊細な気持ちの機微がやさしい視線で描写されており、読者をぐいぐいとカナちゃんや慎平ちゃんや和泉ちゃんや猪俣さんなどの世界へ引っ張り込んでいきます。解説込みで522ページは文庫にしては分厚いですが、読み出したら止まらず、一気読みしました。

私も児童福祉問題に関してはくわしくはないので、この小説を通していろいろと勉強させていただきました。児童福祉は社会の投資であり、「負担」ではないというのは私からすれば当たり前の考え方ですが、「施設の子どもたちはいずれ大人になる【未来の票田】」という見方は目から鱗が落ちるほど斬新に感じました。考えてみればそれも道理なのですが、その道理が児童福祉をもっと重視するように政治家に訴える際にとっさに出て来るかといえば、決してそうではない視点だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一気読み!

2018/05/28 14:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:笑う門ふう - この投稿者のレビュー一覧を見る

毎度のことながら、一気読みでございました!
何なんでしょう・・・有川さんの世界への引き込み方って。
続きが読みたいので、家事もはかどるのでございます。
今回もたくさん知らない事を知るきっかけとなりました。
タイガーマスクさんの件は、納得。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

感動!

2018/04/24 10:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:小さな花 - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しぶりに涙あふれて心洗われました。こんな若者たちがいる!生まれてきてくれて有り難うと言いたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

福祉を語る人に問う

2018/06/13 21:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukiちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

有川浩の本はいつも、メッセージがないようでいて、実は、強烈なアジテートに満ちている。

 彼女の小説の登場人物は、本当に泣きたくなるくらい「いい人」ばかりである。
そして、「かしこい人」ばかりである。「かしこい」というのは、頭が良いというのではなく、物事をよく考えるということだ。考えて、そして行動する。そんな登場人物がたくさん出てくる。本作もその例外ではない。

 児童養護施設の職員たち。そこの生徒たち。卒業生たち。施設を取り巻く街の人々。みんなが涙の出るくらい「いい人」ばかりである。
 もちろん、敵役である人々にも、それなりの事情があり、自分なりの考えをもとに行動をしている。単なる「悪い人」ではない。

 本作のユニークなところは、作者のモチベーションが読者からの手紙であるということだろう。その理由を知るためにも、この本に限っては、解説を先に読んで欲しい。

 福祉をうんぬんする、各地位の議員さんたちには、ぜひともこの本を読んで欲しい。そして問いたい。「あなたは、誰のために公職に就いているのか。」と。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/04/29 12:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/28 21:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/10 13:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/06 09:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/05 11:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/27 17:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/20 12:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/05 11:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/03 18:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/07 11:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/25 22:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

43 件中 1 件~ 15 件を表示