サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン(~12/5)

hontoレビュー

極上の孤独(幻冬舎新書)

極上の孤独 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー39件

みんなの評価3.1

評価内訳

高い評価の役に立ったレビュー

9人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2018/05/07 08:13

「一人でいる」ということの再発見

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、「孤独」や「一人でいる」というとネガティブに捉えがちな現代社会を生きる私たちに新しい意味を与えてくれる作品です。「孤独」と言えば、「孤独死」、「閉じこもり」など一般に悲観的なニュアンスが非常に強いのですが、それは自分自身を周りに合わせてた生き方をしているからだと筆者は言います。自分自身が信じるように生きることほど、素晴らしいことはなく、そうすれば当然「一人でいる」時間も多くなります。現代を生きる人々に新しい生き方を説いてくれる良書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

低い評価の役に立ったレビュー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2018/09/15 05:15

ある種の覚悟や意識があるのが「孤独」、 無いのが「寂しさ」。

投稿者:オカメ八目 - この投稿者のレビュー一覧を見る

まるで「天才と、何とかは紙一重」みたいに、「真の孤独」と、「寂しさ」は、エッジ鋭き、覚悟や意識を境にして分かれたりする。よって「孤独」と「寂しさ」とは別物だ。 まっ、著者のように「極上の孤独」を探したければ、想像を「いくらか」越えた覚悟や意識を、例え仕方なくであっても、「探す者は見出す」で、無数な苦労と努力を実行する事になる様だ。 また、一般的に言えば、人や人間は「孤独の極」と「寂しさの極」の間のどこかに位置してて、その位置が色々という事でもある様だ。 そして、その「位置」が、それぞれその人の「個性」になる様だ。 また「真の孤独」は宇宙空間に例えられるかもしれない。 宇宙空間は、人や人間の、存在を拒否してるから、そこに、あえて行くのは、まさに「真の孤独」を求めにいく事になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

39 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

「一人でいる」ということの再発見

2018/05/07 08:13

9人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、「孤独」や「一人でいる」というとネガティブに捉えがちな現代社会を生きる私たちに新しい意味を与えてくれる作品です。「孤独」と言えば、「孤独死」、「閉じこもり」など一般に悲観的なニュアンスが非常に強いのですが、それは自分自身を周りに合わせてた生き方をしているからだと筆者は言います。自分自身が信じるように生きることほど、素晴らしいことはなく、そうすれば当然「一人でいる」時間も多くなります。現代を生きる人々に新しい生き方を説いてくれる良書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

孤独

2018/05/27 08:22

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なま - この投稿者のレビュー一覧を見る

確かに、無理をして人に合わせるよりも、一人でやりたいようにやる方が良い。個人主義と言われようが、限りある時間を有効に使いたい。そうはいっても、仲間といっしょに行動するのも悪くない。自分とは違う価値観を知ることは楽しいものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

他人に合わせるくらいなら孤独を選ぶ

2018/04/14 19:35

9人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

「来るもの拒まず、去るものは追わず」。高齢になったら、他者と繋がるべきという風潮の中、マイペースでいいじゃないかと主張する自伝エッセイです。無理せずに自然体で生きていこうという内容で、自分の半生を語りつつ、群れない生き方が語られていました。
 「他人に合わせるくらいなら孤独を選ぶ」。無理して他者と繋がろうとすること自体がストレスになるということには、全く同感です。個人的には、夜の孤独感や身体が不自由になった時の不安は残りますが、いざ一人になったときに他人に依存しない生き方や覚悟をつけていきたいと思いました。

 ところで、私自身も、20代の頃から会社の同僚たち(特に上司等)との飲み会が苦痛でした。また愚痴の言い合いのような飲み会で職場の連帯感は醸成できるのかと疑問でした。結局、仕事以外で繋がる必要はないと考え、気が進まない私的な飲み会には参加しなくなりました。妻からは、この付き合いの悪さが、社会人後半の冷遇に繋がったのではと小言も言われました。確かに出世した上司もいますので、多少つきあった方が良かったのかもしれませんが、別に後悔はしていません。今後も妻と数人の親友がいれば十分で、無理してまで繋がる気はありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この程度だろうとは思っていたが。

2018/08/27 09:34

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:imikuto - この投稿者のレビュー一覧を見る

そもそも孤独をテーマに1冊の本は書けないし、売れないだろう。

孤独に関する記載は、特段、印象には残らなかった。
むしろ、作者がナルシストで、自慢好きなことだけが印象に残った。
孤独でなく他のテーマであっても、半分ぐらいは同じ内容だったのではと思う。
「下重暁子」が主人公の小説とすれば、それなりにおもしろいのだが。

本を売るため、話題を呼ぶためには、自慢か毒舌でないとだめなのか。
でも、作者は嫌われるだろうな。それも狙いなのか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

自伝的

2018/04/11 18:47

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:じのじの - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者の自伝です。孤独をキーワードに記述してるだけ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

孤独について考える

2018/07/31 23:20

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:凄まじき戦士 - この投稿者のレビュー一覧を見る

孤独についてひたすら考えさせられる本だったと思います。
人に合わせず生きていくには孤独が良いという感じで書かれていますが、同時に一人という寂しさもあるような感じで正直何とも言えない気持ちになりました。
孤独を推奨する本ではなく、あまり有意義な感じの内容でもなかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ちょっと違った

2018/07/13 21:08

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

期待を持って読み進めていくと、段々と違う方向に・・・
勝手に題名からの期待を持ったこちらも悪いが、残念な感じがした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

自分には合わないです

2018/06/29 22:22

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マグマ - この投稿者のレビュー一覧を見る

孤独を推奨するかのようなタイトルですが、孤独だったら何故いいのか、人と群れ合うのは何が悪いのかについては詳しく言及されていなかったと記憶しています。通常このジャンルの本を読むと、無理して周りに合わす必要はないのかと分かり気が軽くなるのですが、本書を読んでいるとむしろ寂しくなってきます。
私は一人で過ごす時間が好きですが、本書の中で共感できた部分はほぼありません。
良い本だとは感じません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

“孤独”な私自慢

2018/08/17 15:27

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

30ページくらいまで共感できたが、残りは著者の孤独自慢。
孤独が好き、だと言ってる割には、
昔の恋人とのドラマチックな再会を夢見ていたりと、主張や考え方に矛盾を感じる点が多かった。
最悪なのは亡くなった友人のことを「孤独じゃないから死んだのだ」などと、他者を批判することで自己の主張(孤独であること)を正当化している点。
著者は“孤独”と“孤立”を履き違えており、この著者は明らかに後者である、と感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

うーん

2018/06/30 16:21

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルに惹かれて手に取ったんですけど 中身を見ると これを書いた著者の方少し考えが偏ってるように思いました 一人でいるのもいいけど 誰かのために生きることを否定してるようなそんな感じを受けてあまり共感できませんでしたぬ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ある種の覚悟や意識があるのが「孤独」、 無いのが「寂しさ」。

2018/09/15 05:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オカメ八目 - この投稿者のレビュー一覧を見る

まるで「天才と、何とかは紙一重」みたいに、「真の孤独」と、「寂しさ」は、エッジ鋭き、覚悟や意識を境にして分かれたりする。よって「孤独」と「寂しさ」とは別物だ。 まっ、著者のように「極上の孤独」を探したければ、想像を「いくらか」越えた覚悟や意識を、例え仕方なくであっても、「探す者は見出す」で、無数な苦労と努力を実行する事になる様だ。 また、一般的に言えば、人や人間は「孤独の極」と「寂しさの極」の間のどこかに位置してて、その位置が色々という事でもある様だ。 そして、その「位置」が、それぞれその人の「個性」になる様だ。 また「真の孤独」は宇宙空間に例えられるかもしれない。 宇宙空間は、人や人間の、存在を拒否してるから、そこに、あえて行くのは、まさに「真の孤独」を求めにいく事になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/04/19 13:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/19 01:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/31 14:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/14 00:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

39 件中 1 件~ 15 件を表示