サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

青嵐の坂

青嵐の坂 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

「扇野藩」シリーズ、最後の作品

2018/06/29 05:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

2017年12月、66歳で急逝した直木賞作家葉室麟さんは生前「月刊葉室」と呼ばれるほど毎月のように新刊が出る人気作家でした。
 ただ葉室さんの場合、単に人気作家というよりもデビューが遅かった(50歳からの本格デビュー)せいで自身書くべきことがたくさんあると生き急いでいた感すらあります。
 葉室さん自身、こんなにも早く終焉が来るとは思っていなかったでしょうが。

 没後も単行本化されていない作品がいくつもあって、この作品もそのひとつ。
 2016年4月から2017年1月まで「小説野生時代」に連載されていた、「扇野藩」シリーズの最後の作品となったものです。
 「扇野藩」が舞台となった作品は『さわらびの譜』『散り椿』『はだれ雪』、そしてこの作品となります。

 主人公の矢吹主馬は、かつて扇野藩で財政改革を推し進めていた中老檜弥八郎の縁戚の下級武士。弥八郎がいわれのない罪により切腹を強いられたあと、その娘那美と結ばれることになる。
 主馬は若い頃弥八郎の薫陶を受けており、その意思を継ごうとしている。
 一方で弥八郎の息子慶之助は生前父と不仲で、それゆえに父の為したことを凌ごうと懸命であった。
 そんな慶之助は弥八郎の実の子ではないとの疑惑が浮上し、若い慶之助は打ちのめされていく。
 財政破綻寸前の扇野藩に生き延びる道はあるのか。
 自身の命までをかけて彼らが守ろうとしたもの、葉室さんの筆はこの作品でも抑制が効いた重厚さを感じる。

 やはり葉室麟さんがいないのは、さびしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/07/11 12:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/26 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

3 件中 1 件~ 3 件を表示