サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

一日の苦労は、その日だけで十分です

一日の苦労は、その日だけで十分です みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本

『一日の苦労は、その日だけで十分です』

2018/07/07 19:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:百書繚乱 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『氷点』『塩狩峠』のクリスチャン作家三浦綾子(1922-1999)の単行本未収録原稿40編を一冊に

《没後20年を前に届けられた、やさしさに満ちた最後のエッセイ集》

本書を読むと、三浦がエッセイストとして類稀なる才能をもっていたことがよくわかる

丘にのぼると人は詩人になるらしい。特に、一望のもとに自分の住む街をながめるということは、へんにかなしいものである。よその見知らぬ街をながめるのとは、またちがった感慨があるものだ。
  ──「豊かな川 流れる煙」

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉を教科書で知ったのは、小学生の時であった。子供心にも、何としても納得できない言葉だった。日本に昔からあるこの言葉が、自分の住む旭川には通らぬことに、さびしさを感じたものである。
  ──「北国で春を待ちながら」

「結婚で何が始まるのか」
というこのテーマには、参った。というのは、このテーマへの答えがないからではない。結婚十九年にもなるのに、つい三浦の自慢話が始まってしまうからである。
  ──「結婚で何が始まるのか」

冒頭の100字ほどで読者の興味を自然に惹き、愛と感謝と信仰にみちた世界を描き出してみせる

《時を経ても色あせない言葉は、私たちが一日一日を大切に積み重ね、より良い人生を歩むための指針となるに違いない。》

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示