サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【店舗】初めての“店舗お受け取り”ご利用で50ポイントプレゼントキャンペーン(~10/31)

hontoレビュー

灼視線 二重螺旋外伝

灼視線 二重螺旋外伝 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

「兄・雅紀の視点で描く、実の弟への執着と葛藤の軌跡」カバー裏より。

2018/07/19 17:15

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やまだち - この投稿者のレビュー一覧を見る

ソフトカバーで出た作品の文庫化。

1.追憶、雅紀視点がメインの、家族が崩壊する前の夏休みの思い出。クセの強い兄弟や親族の中で、ニュートラルな尚人の存在感が際立ちます。雅紀のブラコン振りがかわいいです。

2.邂逅、メンズモデル界の帝王こと加々美と雅紀の出会い編。雅紀の高校時代のエピソードは貴重。

3.視姦、現在と過去にまたがり、雅紀が面談に臨むお話。過去では中3の尚人に欲情してしまうのを必死で抑え込んでいる雅紀ですが、現在ではラブラブなので上機嫌です。

4.睦言、久しぶりの我が家に帰った雅紀が、尚人を求めるお話。

5.煩悶、文庫書き下ろし。「視姦」のその後。尚人の高校受験前のエピソード。可愛がりたいのに手を出してしまいそうだからと、わざと素っ気ない態度の雅紀です。だいぶ煮詰まっています(笑)。

特典ペーパーは、雅紀が高1で友達からブラコン認定されるお話。この頃はまだ平和だったんだよね(涙)。

もし、篠宮家が平和のままだったら、雅紀と尚人の関係はどうなっていたんだろうと、無意味なことを考えてしまいます。「まーちゃん」は尚人に手を出してこそ、雅紀だもんね。

本編では相変わらず波瀾万丈な篠宮家ですが、穏やかに暮らせる日が来るといいな・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

書下ろし

2018/07/15 17:48

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふじのき - この投稿者のレビュー一覧を見る

既刊本の文庫化。書下ろし有。ただし短編。ネタは尚の進路の面談に、自分ではなく祖母に同行を求めたことにたいしての煩悶というより怒り。尚は兄に嫌われていると思っていた時期なので、多忙の雅紀に言えず、祖母に頼んだのでした。なのに姉の落ちた高校を志望することに対して祖母から冷たい言葉をかけられ、雅紀にしかられ踏んだり蹴ったり。尚がほんとうに気の毒になり、もちょっと別のネタが良かったかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

文庫版

2018/10/01 12:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

旧版既読なので、書き下ろしのみの感想です。
まだ、雅紀が、尚人に対しての気持ちを隠している頃の話でした。
雅紀のイライラも分かるのですが、尚人が不憫に感じてしました。
相変わらず、私の苦手な文体ですが、だんだんと慣れてきたかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

文体がー!!

2018/09/22 17:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さなにょろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

小耳に挟んでいたものの、見事に穴に落ちました。
この作家さんの文体が苦手です。

「え?読んだことないわ。ホント?」
と思うかたは、試し読みを是非。

私はこの文体で悪酔いしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示