サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本

面白い

2018/06/13 01:40

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mimi - この投稿者のレビュー一覧を見る

今巻は盛沢山で、すごく重たい話も無く、面白かったです。登場人物も懐かしい人から新しい人まで。あの新しい登場人物は、今後重要な役割を果たすのでしょうか。そして表紙にもなっているミッチー。帰蝶が核心を突いてきて、この二人、特にミッチーの心情を考えると・・・という感じでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本能寺へ

2018/06/28 02:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヒトコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ついに本能寺へやって来ましたね。
素顔のミッチーと対面した帰蝶、女の感は侮れません。で、何を理解しているのかしらと思わせます。
秀吉や利家をはじめ、歴史上の人物が新しい解釈のキャラになっているのもこの物語の魅力。
そもそもサブロー信長はもちろん、ミッチーだって第六天魔王とは全く違う感じだし。
そして後に秀吉に処刑される事になる石川五右衛門が、何と刺客として登場。
大詰めに差し掛かっていますが、まだまだ楽しませくれそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

歴史的には

2018/06/26 15:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pope - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタばれあり。
歴史的にはそれほど大きな出来事はなかったものの、登場人物は多く、それぞれに関わるエピソードはたっぷりで読みごたえはあった。
佐吉が秀吉ラブではなくイケメンラブなのが笑える。
しかしミッチーの顔バレがやばすぎるw
今何人知ってるんだw

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/06/14 15:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/14 08:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/29 22:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/19 17:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/13 18:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/17 22:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

9 件中 1 件~ 9 件を表示