サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~11/30

hontoレビュー

昭和の怪物七つの謎(講談社現代新書)

昭和の怪物七つの謎 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
18 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

そうなんだ

2018/08/04 22:14

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:飛行白秋男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

近代日本史の再発見、歴史が変わっていたのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2018/09/07 10:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:如水 - この投稿者のレビュー一覧を見る

瀬島氏の章については、本人をよく知っているので、違和感があった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

人に歴史あり

2018/10/26 20:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦前戦後の偉業、ただし見方によっては異業を成し遂げた歴史上の人物たちの、これまた近くにいた人から見たそれぞれの人物像が、教科書にはないこともあって興味深いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

毎度の瀬島批判

2018/08/13 20:45

6人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

昭和末に出た瀬島龍三の伝記を「文藝春秋」で読んでから、30年以上千篇一律の瀬島批判を飽きずに書くものだ、と感心すらしてくる。瀬島伝でも触れてはいるが、彼は2・26事件で岡田啓介の身代わりになった松尾傳藏の娘婿だ。「岡田啓介回顧録」に従えば、参謀本部の情報を部外者である義理の伯父に流したと読めるが、こういう事は、他の人も含めて、調べようとしないものだ。もし、本当に瀬島中佐がソ連のスパイだったら、何故昭和31年までソ連に抑留されていたのだろうか?「将校団の民主化の旗振り役をしている」人物なら、逆にスパイとして使えないだろうに。「内容が具体的」なら是非、書いてほしいものだ。
 「ある出版社から皇室事典を刊行したのだが(「岩波 天皇・皇室辞典」の事)、私は三笠宮殿下の項を執筆した」とあるが「昭和天皇、敗戦からの戦い」では「歴史的な誤解に基づく記述をした」(つまり、三笠宮家が昭和10年に「創設時に「お印」は三笠山にちなみ、「若杉」が与えられ」という個所も指すだろう)ので「殿下から出版社へ記述が事実と若干異なっているようだがとの連絡があり、私はその出版社の担当者(岩波の編集者か、と思っていたら、「AERA」の薨去の時に「編集」と名前が上げられている原武史氏が同じ事を書いていた)などと事実を確かめに赴いたことがあった」とあるが、この本では「津野田事件」について「三笠宮説という表現でこの件に触れた。すると三笠宮殿下から出版社に連絡があり、『そうではない』という説明をするので、宮家を訪ねた」と変わっている。勿論、工藤美代子氏の「母宮 貞明皇后とその時代」で「津野田事件」が一切、触れていないが、三笠宮薨去後に彼女の夫が「三笠宮と東條英機暗殺計画」を出しているから、見当はつく。「殿下は応接室で各種の史料(宮内庁にある殿下の行動や軌跡を記録した文書など)を示され、この点は歴史的に誤解が続いているので訂正してほしいとの説明を受けた。私は殿下の反論を聞きながら、この計画は未遂に終わったのになぜ裁かれたのか、殿下は心を傷めていることもわかった」。こういう事は加藤本には出て来ないから、是非こちらも書いてほしいものだ。「秩父宮と昭和天皇」の担当編集者が書いた「皇族と帝国陸海軍」では津野田本が「それらが正確であるのは『東久邇宮日記』などから確かめられる」と書いているが、加藤本の113頁に写真版が掲載されている「三笠宮所有の『わが東条英機暗殺計画』」の書き込みを見ると、津野田兄弟は今の秩父宮記念公園である御殿場の秩父宮御別邸と三笠宮妃殿下が滞在されていた箱根を混同していて、それも「空襲を避けて」と前置きしている。東條内閣倒閣の頃に空襲が激しかったらしいが、これで大本営参謀を務められたものだ。余程、当時の事に疎いゴーストライターが書いたのだろう、とすら思えてきた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

昭和を考える

2018/09/04 10:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たか - この投稿者のレビュー一覧を見る

改めて昭和を考えることができる。いまだに謎の多い人物。興味深い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

歴史

2018/10/06 17:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽぽ - この投稿者のレビュー一覧を見る

歴史を感じることができます。このような人たちが日本を築いてきたんだなと改めて、感心しながら読みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/08/07 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/30 19:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/02 17:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/02 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/25 12:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/21 17:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/15 19:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/29 12:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/08 21:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

18 件中 1 件~ 15 件を表示