サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本のご購入で全員もらえる!冬のポイントキャンペーン(~1/31)

【HB】丸善×hontoブックツリー  丸善ビジネススクール~12人の先達に学ぶ~ ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

日本が売られる(幻冬舎新書)

日本が売られる みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー32件

みんなの評価4.4

評価内訳

32 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

すべての国民に知らせなければならない内容。今、すぐの必読書

2018/10/20 07:21

13人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりくり - この投稿者のレビュー一覧を見る

「貧困大国アメリカ」シリーズがベストセラーになった堤氏の今回の視点は、私たちの暮らす日本に向けられている。
 アメリカでは、保育も介護も学校も病院も全部贅沢品。ニューヨークでのインタビューでジェラルドは「売国政府が、俺たち国民の生活に値札をつけて、ウォール街と企業に売りまくっているから」だと言う。
 日本でもニュースでは報道されないが、大切なものが次々に売られているという。それは、水・土・種・森・海など国土の基本的なものから、生活に必要な機能の労働・仕事・学校・医療・介護も、そして、ギャンブルで直接金まで吸い上げられようとしている。その驚愕の実態が、政府によって行われているのだ。
国が行う「規制」は、国民生活を規制するものではない。国民のために暴利をむさぼるものへの規制だ。「規制改革」が国民にとって「良いこと」だと思ったらとんでもないことになる。「愛国心」を国民に説く安倍首相こそグローバル企業のやりたい放題に国の大切なものをたたき売りしている「売国奴」だ。
「グローバル化」が世界的視野でと、やはり「良いこと」だと思っていたら、外国企業に、いつの間にか日本の暮らしや命の重みまで乗っ取られることになりかねない。
グローバル化の中で、売られたものを取り返す各国の活動家達の戦いも巻末に紹介されている。
ニュースではほとんど流されないからこそ、「日本が売られようとしている、売られている」実態を本書で多くの人に知ってもらいたい。今すぐの、必読書。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「今だけカネだけ自分だけ」に支配される「報道しない自由」とは?

2018/11/21 11:30

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:野間丸男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「今だけカネだけ自分だけ」が優先される日本の危うさ!

日本国の資産である(土地、水、食の安全、・・・など)が、
すべてがビジネスライクの投資家、企業に国境を越えた「商品」として、処理される。

「今だけカネだけ自分だけ」の浅はかな政策と
外資に株を買い占められたマスコミの「報道しない」忖度が、日本中を席捲。

心ある政治家・公僕、報道・ジャーナリストよ! 出でよ!
ボーとしないで、ちゃんと目を開け読者よ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

政治家全員に読んでほしい

2018/12/04 22:56

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:チュートリアル - この投稿者のレビュー一覧を見る

テレビや新聞しか読まない人には決して知り得ない真実がこの本を読むとわかります。
中でも食の安全を担保する種子法の廃止が私たちの知らない間に決まっていたというのは驚きです。
今までグローバル化という言葉をポジティブに捉えていましたが、それは国民の奴隷化を招く危険な道。
まずは多くの人がこの本に書かれているような情報を知って立ち上がり、政治家を動かしていかないといけない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

『日本が売られる』

2018/11/19 20:07

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:百書繚乱 - この投稿者のレビュー一覧を見る

たとえば

・水が売られる
・土が売られる
・タネが売られる
・ミツバチの命が売られる
・食の選択肢が売られる
・牛乳が売られる
・農地が売られる
・森が売られる
・築地が売られる

第1章「日本人の資産が売られる」のどれか一節を読むだけで戦慄が走る

そして

・労働者が売られる
・日本人の仕事が売られる
・ブラック企業対策が売られる
・ギャンブルが売られる
・学校が売られる
・医療が売られる
・老後が売られる
・個人情報が売られる

第2章「日本人の未来が売られる」に記された衝撃の事実に愕然とする

民間商品だけでなく公共財産という貴重な日本の資産を食い尽くそうと触手を伸ばす多国籍企業群と、“規制緩和”の名のもとにそれを後押しする政府

大きなニュースに隠れて着々と進行する《今だけカネだけ自分だけ》の社会に気鋭の国際ジャーナリストが警鐘を鳴らす

第3章に示される反撃の戦略には一筋の光が見えてはいるが...

この本を幻冬舎が出したことが興味深い

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本がやばい

2019/01/16 14:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mono - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本を読んで、今の現状で怒っている日本社会についてますます生きにくい世の中になっていっていると実感しました。
もう日本の報道番組は信用できない、最近多い日本の文化の自画自賛番組も信用できません。
外国人労働者の問題もきちんとヨーロッパの事例などをわかっているのでしょうか?このしわ寄せが、本当に将来自分の未来や、未来の子供達にやってくると思うとゾッとします。
個人的に一つの事柄について、表面的なことしか書いていなかったので、日本の劣悪化する労働環境問題とかについては、もっと詳細に深掘りしたものを読みたかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

考えさせられる

2018/12/28 13:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とむとむパパ - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルが衝撃的だったので、購入して読んだ。
言っていることはこの国のあり方を問うており、国民の一人として頭を整理するには良い本だと思う。たとえば、コンセションについても、最近の不祥事等を見ていると、民営化、競争が万能ではないように思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

マスコミが報道しない隠された真実を暴きます!

2018/12/14 19:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、マスコミも報道しない隠された「日本たたき売り」の真実に迫った書です。日本は、安全で公的な福祉もある程度充実しています。国民の資産もかなりあります。こうした日本が、今、世界から注目され、買い漁られようとしているのです。このまま放っておくと大変なことになります。同書はこうした今、私たちが知らない、しかし確実に迫っている真実を知らしめてくれる貴重な書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

リメンバーバブル期

2018/12/30 19:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ヤマキヨ - この投稿者のレビュー一覧を見る

バブル期は企業も個人も、海外の土地、建物、美術品、ブランド品などあらゆるものを買いあさった。あの頃は日本も経済的に他国より優位にあった。残念ながら今は逆転。買われていくものを買い戻す金もないし、水道「民営化」とか外資に食い物にされるIRとか、国までもが日本売りに加担しているように思えてならない。経済的に優位にないことを国民も肝に銘じて、行動しなければならないと実感。インバウンド需要だって、相対的にアジア諸国の経済水準が上がって、日本に来られるだけの収入が得られるようになった証。変われないためには我々が資産として保有しないと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白くない

2019/01/15 19:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オビー - この投稿者のレビュー一覧を見る

読むのがしんどくなり、途中でやめました。
否定一点張りやからかもしれません。
しんぶん赤旗や共産党議員を持ち出して、築地移転やIR法批判している時点で内容の信憑性を疑いました。
必要以上に煽っている感じもします。

売れているということは、重要な指摘なのかもしれませんが、自分にはあわない内容でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本

2018/12/03 13:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽぽ - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本がやばい。もっと外国人を規制しないと将来危ないんじゃないかという危機感をこの本を読んで、持ちました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/12/12 21:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/28 22:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/04 19:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/09 19:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/23 22:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

32 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。