サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

hontoレビュー

クロストーク

クロストーク みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
14 件中 1 件~ 14 件を表示

紙の本

つい一気読み

2019/01/13 04:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かしこん - この投稿者のレビュー一覧を見る

コニー・ウィリス作品はどんなに長かろうがテンポにのってしまってどんどん先まで読んでしまう危険性がある。5年半ぶりの新作だからできるだけゆっくり読みたい!、でもそれはどうも無理らしい、と最初の数ページで思い知る。
あぁ、このノリ! 何の話をしているかよくわからないんだけど、がんがんとまくしたてられる会話の応酬に、なんとなく状況が見えてきてしまったらもう読者はこの世界に巻き込まれている。700ページ二段組の『クロストーク』を結局2日ほどで読んでしまったではないか。
コニー・ウィリスの力技、すごい。SFとしてはワンアイディアでの勝負だというのに、ここまで読ませてしまうのだから。

脳外科手術EEDを受けることで、指定した相手と感情を直接伝えあうことができるようになった現代。携帯電話会社コムスパンで働くブリディは社内恋愛の恋人トレントとEEDを受けることになるが、アイルランド人であることに誇りを持つ親族たちに手術を猛反対される。様々な妨害をかいくぐってEEDを受けたブレディだが、その結果とんでもないことに・・・という話。

帯で『航路』に触れていたが、訳者あとがきで大森さんも書いていたように『航路』を思い出させるものがすごく多い。でも『航路』がシリアスな方向に収束していったのに対してこの『クロストーク』はドタバタラブコメ路線をキープ。だから途中のシリアス度の高い部分が非常に引き立つのだが・・・個人的には『航路』のほうが好きかなぁ。
だからって面白くないということではないのだ!
キャラクターはわかりやすいからこそ感情移入しやすく、ブリディの思い込みの激しさと早々に結論を出しちゃう感じにはイライラする前に過去の自分はどうだったか(いや、今もそういうところはあるかもしれない)とつい反省。同僚のCBの人のよさにほのぼのし、姪のメイヴのおきゃんな子供描写には「あぁ、これぞコニー・ウィリス」とニヤリとする。お節介を通り越した過度な干渉をする親族とか、階段がいっぱい出てくるとか、すれ違いが多いとか、お約束が多すぎてむしろすごいと思う!
図書館の位置づけと本を読んでいる人たちの描写にはジーンときた。
人の心の中がわかればいいのに、と思ってしまうことはあるけど、それは自分の都合のいいことだけが知りたいというだけであって、すべてがわかったら絶対耐えられない、というのが過去のSF作品から学んだこと。携帯電話やネットワークサービスが普及したためにいつでも連絡が取れてしまう時代だからこそ、コミュニケーションのこれからはどうなるのかを描いているというべきか。道具は増えても(増えるから?)、人の欲求は変わらない・もしくは多くなるということか。
日本ではメールやショートメッセージが広まって、特に若い人の間では通話が減っていると聞いているが・・・本作ではメールだけでなく通話もいっぱい使っている(なかなかつながらずに留守電になったり誰かに伝言頼んでるけど)。アメリカではそうなのかしら、いや、それもまたコニー・ウィリス的ということか。
あ、前半ではかなりミュージカルソングが出てきて、最近ミュージカル音楽にはまっている私は「あぁ、この曲、知ってる!」と思えてうれしかった。シンクロニシティ?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

楽しいけど、物足りない。

2019/02/12 19:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アントニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

「ブラックアウト」では流されていた弱々しいヒロインが最後には自分で立ち上がって生きていく清々しさに涙して、今度はどんな女性像を見せてくれるのか期待してました。
今までストーリーに恋愛要素も少し加えていて、その絶妙なさじ加減が作品に彩りを与えてたけど、かなり恋愛に寄りすぎていて鼻につきます。ヒロインはかなり浅はかなタイプで思いつきで行動した後で後悔してばかりだし、某登場人物が言うように「聡明で美人」とはとても思えないし、最後までヒーロー(?)に助けられたり教えられたりしてばかりで頼りなくてちょっとがっかり。
まあ、会話や人物造形はいつも通りなので楽しめますが、次回作に期待。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

クロストーク

2019/05/15 07:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

画期的な外科手術によって恋人とダイレクトに気持ちを伝えあうことができるようになった。手術を受けたが、とんでもない人物と接続してしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/01/23 15:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/15 21:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/05/25 23:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/28 17:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/03/27 17:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/09/18 19:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/21 13:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/27 00:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/26 10:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/04/05 13:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/09/29 04:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

14 件中 1 件~ 14 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。