サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

クリスマス ポイントUPキャンペーン(~12/25)

クリスマス ポイントUPキャンペーン(~12/25)

hontoレビュー

白銀の墟玄の月 3(新潮文庫)

白銀の墟玄の月 3 みんなのレビュー 新刊

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー77件

みんなの評価4.8

評価内訳

77 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

光射す

2019/11/09 17:49

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み進めて歓喜!
長い混乱とそれぞれの苦悩が晴れる兆しが見えてきました。
泰麒の孤独な戦い、無惨な正頼の姿、残虐な扱いに屈しない彼の心の強さ。
意外な人が意外な形で李斎に力を貸してくれたり、困窮しきった民の願いがあの人を助けてくれたり……。
物語を読む喜びを与えてくれた小野先生にただ感謝するのみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

すぐに続きが出てよかった。

2019/11/25 20:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:北之 - この投稿者のレビュー一覧を見る

二巻が変な感じで終わったので心配していましたが、すぐに訂正されましたね。
置いてけぼりの李斎が少し可哀想な気もします。
少し希望が見えて来た、三巻。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お供え物のおかげで、なんとか元気です

2019/11/12 09:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:anp - この投稿者のレビュー一覧を見る

前の1、2巻で謎だったところがあっさり分かる巻。
阿選はなぜ妖魔を使役できてるの?
目に見える範囲ならその習性を利用して行動を制御とかもできそうだけど、お札っぽいので制御とは。
話はかわり、若干、泰麒の角が直ったのではないかとも思えるが、そう簡単に直るとも思えないし、どうなんだろう。
角が無ければ偽の誓約ができ、あればできない気もする。が、それとこれとは別の話のようにも思える。昔できなかったことを意志の力で押し通したようにもとれる。
戴国民の気性は荒いということを、泰麒を通して知ることができる巻。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そのころ慶王は・・・

2019/11/10 09:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ワシ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「そうか!あの時に水禺刀の錆にしておけばよかったのか!!」
なんて物騒な事を考えいたかどうかは知らない。

伸ばし伸ばしにするから、阿部チリみたいな酷いのが沸いて出てきたりするんだよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いよいよ大きく動き出した

2019/12/06 00:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

いよいよすべてが大きく動き出した巻でした。
小野不由美さんの作品は長編の「屍鬼」を読んだ時も感じたのですが、
はっきりとした形ではなく文字に匂わせると言うか漂わせるもので読み手を惹きつけ
こけおどし的な過激や過剰な表現も展開も一切排除しながらもそれでいながらも、
先へ先へとページを捲らせる力があるのでした。
そしてページをめくっていくほどによりワクワクさせるものを感じさせてくれます。
もうこの辺は見事としか評する言葉を知らない私であります。

この三巻まではゆっくり味わい尽くすように読んできましたが、
次の最終巻は休むことなく一気に最後まで読み進めたい気分です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

黄朱の考え

2019/11/30 21:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねむこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

驍宋と阿選の関係が実像と鏡「影」と阿選は表現していますが、なんとか持っていた均衡を崩したのが、どうも独特の考えを持つ黄朱。
そりゃあ、世界の根底が崩れるよ・・・
最後に少し光が見えてきたけれど・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

テンポが…!

2019/11/16 20:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mizuki - この投稿者のレビュー一覧を見る

とてもテンポよく、話もどんどん進み!
これを求めてました〜!!
1〜2巻もこの位のスピード感で進んで欲しかった…。
(王の生死は不明なまま、辛いことばかりな2冊…。)
そして驍宗様の生存がわかった〜!!
長かった…。。。
懐かしい面々も増えてきて、4巻が楽しみです!!!
表紙の李斎も素敵でした♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/10/26 15:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/17 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/22 21:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/12 20:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/25 19:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/10 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/11 02:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/11/13 22:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

77 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。