サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【店舗】初めての“店舗お受け取り”ご利用で50ポイントプレゼントキャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

近代企業法の形成と展開

近代企業法の形成と展開 (奥島孝康教授還暦記念)

  • 奥島孝康教授還暦記念論文集編集委員会(編集)
作品 著者 ページ
企業法史研究の一視点 新山雄三 著 3-20
旧商法典 高田晴仁 著 21-34
新商法 三枝一雄 著 35-54
証券取引規制の展開 上村達男 著 55-70
商取引法の展開 山手正史 著 71-86
商法五〇四条小論 森川隆 著 87-104
わが国の近代的会社法の形成と展開 大賀祥充 著 105-122
法典編纂期における会社の概念 藤田祥子 著 123-140
一人会社の法的構造(再論) 山城将美 著 141-156
一人会社としての有限会社 酒巻俊之 著 157-170
機能資本家(支配株主)と商法二〇三条二項 込山芳行 著 171-184
略式質の法的構造 清原泰司 著 185-204
株主総会の運営と株主参与権の尊重 加藤修 著 205-218
公開会社における主要株主の議決権 佐藤敏昭 著 219-234
業務検査役選任請求権行使者としての株主と従業員持株制度 久留島隆 著 235-250
取締役会制度改革論 志谷匡史 著 251-264
取締役の権限と責任 堀竜児 著 265-278
非常勤取締役・社外取締役の責任 田村詩子 著 279-302
取締役選任決議の不存在と確認の利益 栗山徳子 著 303-322
取締役報酬の法構造と規整 山本為三郎 著 323-338
監査役・代表訴訟制度の改革 藤原俊雄 著 339-352
会社営業の重要な一部譲渡 山下真弘 著 353-364
株価維持操作と相場操縦規制 川口恭弘 著 365-384
融通手形署名者における虚偽表示 柴崎暁 著 385-410
Hugo Kressのcausa論 渋谷光義 著 411-432
手形債権の実効性の確保について 今泉邦子 著 433-446
二人の者が隠れた手形保証として裏書した場合におけるおのおの責任について 近藤竜司 著 447-462
偽造小切手の損害負担と免責約款 松山三和子 著 463-478
損害保険契約法改正試案にいう遡及保険 栗田和彦 著 479-492
支払保証基金(保険契約者保護機構)についての若干の考察 吉川吉衛 著 493-510
フランスにおける傷害保険判例の新たな動向 山野嘉朗 著 511-526
カリフォルニア州における強制地震保険の挫折 黒木松男 著 527-540
保険約款の支払猶予期間及び調査期間の意義 肥塚肇雄 著 541-564
保険事故の主観的偶然性と保険契約 鈴木達次 著 565-584
保険給付と利得禁止原則 笹本幸祐 著 585-604
法人船主における「故意又は認識ある無謀な行為(intention・recklessness with knowledge)」の帰属 重田晴生 著 605-624
船主責任制限法の適用範囲 山田泰彦 著 625-640
船荷証券中の裁判管轄条項への承諾に関するフランス判例の新展開 箱井崇史 著 641-662
中小企業等協同組合法上の組合の専用義務と独禁法 根岸哲 著 663-674
消費者法としての独占禁止法制 内田耕作 著 675-688
GATTと競争制限的取引慣行の規制 高橋岩和 著 689-706
特許等ライセンス契約に関する独占禁止法ガイドライン 江口公典 著 707-726
過疎地域における小規模事業者の性格と法制度 横川和博 著 727-740
再販売価格維持行為と不当な取引制限・再論 土田和博 著 741-754
委託販売における価格拘束の違法性判断基準 藤田稔 著 755-768
業務提携と競争政策の課題 岩本諭 著 769-786
規制緩和と経済法 須網隆夫 著 787-814
政府主導型環境保護カルテルとEC独占禁止法 沢田克己 著 815-834
ドイツのゲルトカルテ(カード型電子マネー)の法律構成について 後藤紀一 著 835-850
預託金制ゴルフ会員の破産と会員契約解除に関する一考察 宇田一明 著 851-866