サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

収録作品一覧

現代日本思想大系 13 文学の思想

現代日本思想大系 13 文学の思想

  • 中村 光夫(編集・解説)
作品 著者 ページ
解説 近代文学の思想 中村光夫 著 9−40
小説神髄 坪内逍遙 著 43−56
小説総論 二葉亭四迷 著 57−60
小説三派 坪内逍遙 著 61−69
逍遙子の諸評語 森鷗外 著 70−82
『マクベス評釈』の緒言 坪内逍遙 著 83−88
早稲田文学の没理想 森鷗外 著 89−96
人生に相渉るとは何の謂ぞ 北村透谷 著 97−105
欺かざるの記 国木田独歩 著 106−115
明治文壇総評 正宗白鳥 著 116−144
美的生活を論ず 高山樗牛 著 147−156
『はやり唄』序 小杉天外 著 157
『地獄の花』跋 永井荷風 著 158
露骨なる描写 田山花袋 著 159−163
幻滅時代の芸術 長谷川天溪 著 164−171
『蒲団』を評す 島村抱月 著 172−175
田山花袋君に答う 夏目漱石 著 176−177
夜なかに思った事 森鷗外 著 178−181
序に代えて人生観上の自然主義を論ず 島村抱月 著 182−188
当流比較言語学 森鷗外 著 189−192
時代閉塞の現状 石川啄木 著 193−203
自然主義功罪論 佐藤春夫 著 204−220
自己のための芸術 武者小路実篤 著 223−232
自然主義前派の跳梁 生田長江 著 233−239
怒れるトルストイ 広津和郎 著 240−261
唯物史観と文学 平林初之輔 著 262−267
武者小路実篤氏と新しき村の事業 大杉栄 著 268−276
文芸作品の内容的価値 菊池寛 著 277−282
菊池寛氏の「文芸作品の内容的価値」を駁す 里見弴 著 283−292
再論「文芸作品の内容的価値」 菊池寛 著 293−304
新知識階級論 青野季吉 著 305−310
文芸的な、余りに文芸的な 芥川龍之介 著 311−327
若き読者に訴う 片岡鉄兵 著 331−338
感覚活動 横光利一 著 339−346
目的意識論 青野季吉 著 347−353
プロレタリア・レアリズムへの道 蔵原惟人 著 354−363
いわゆる芸術の大衆化論の誤りについて 中野重治 著 364−372
わが心を語る 広津和郎 著 373−384
様々なる意匠 小林秀雄 著 385−399
冬を越す蕾 宮本百合子 著 400−407