サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

収録作品一覧

明治文學全集 29 北村透谷集

明治文學全集 29 北村透谷集

  • 北村 透谷(著)/ 小田切 秀雄(編)
作品 著者 ページ
楚囚之詩   3−10
夢中の夢   11
朝靄の歌   11
春駒   11−12
春は來ぬ   12
蓬萊曲   13−46
蓬萊曲別篇   46−48
地龍子   49
みゝずのうた   49−51
一點星   51−52
孤飛蝶   52
ゆきだをれ   52−54
みどりご   54
平家蟹   54−55
髑髏舞   55−56
古藤菴に遠寄す   56
彈琴   57
彈琴と嬰兒   57
ほたる   57−58
  58
蝶のゆくへ   58
眠れる蝶   58−59
雙蝶のわかれ   59−60
露のいのち   60
楚囚之詩廣告   60
當世文學の潮摸樣   61−62
時勢に感あり   62−63
マンフレッド及びフオースト   63−64
厭世詩家と女性   64−68
粹を論じて伽羅枕に及ぶ   68−70
伽羅枕及び新葉末集   70−73
松島に於て芭蕉翁を讀む   73−75
油地獄を讀む   75−78
最後の勝利者は誰ぞ   78−79
トルストイ伯   79−82
一種の攘夷思想   82−84
歌念佛を讀みて   84−86
徳川氏時代の平民的理想   86−93
各人心宮内の秘宮   93−97
心機妙變を論ず   97−100
處女の純潔を論ず   100−103
他界に對する觀念   104−107
罪と罰   107−108
「罪と罰」の殺人罪   108−110
心の死活を論ず   110−112
富嶽の詩神を思ふ   112−113
人生に相渉るとは何の謂ぞ   113−117
心池蓮   118−120
日本文學史骨   120−131
今日の基督教文學   131−132
滿足   133−135
復讐・復讐と戰爭・自殺・自殺と復讐   135−137
井上博士と基督教徒   137−138
頑執妄排の弊   138−139
人生の意義   140−141
賤事業辨   142−143
内部生命論   143−147
靜思餘録を讀む   147−148
熱意   148−149
國民と思想   150−154
桂川(吊歌)を評して情死に及ぶ   154−156
情熱   156−158
萬物の聲と詩人   158−160
心の經驗   160−161
劇詩の前途如何   161−164
慈善事業の進歩を望む   164−166
「日本之言語」を讀む   167−168
泣かん乎笑はん乎   168−169
文學史の第一着は出たり   169
二宮尊徳翁   169−170
「平和」發行之辭   170−171
想斷々 1   171−172
想斷々 2   172−173
平和の君の王國   173−174
白玉蘭   174−175
人肉質入裁判   175
平野次郎   175−176
後の月影   176
蓮華草   177
浦島次郎蓬萊噺   177
さゝきげん   178
猿蟹後日譚   178
二人女   178
幽境の逍遙   179
眞−對−失意   179−180
電影草盧淡話   180−182
まぼろし   182−183
三日幻境   183−187
文學一斑   187−188
時事   188
秋窓雜記   189−190
文界要報   190−191
「默」の一字   191−192
花浪生の快言   192−193
鬼心非鬼心   193−195
關原譽凱歌   195
虚榮村の住民   196
「然」と「否」   196
  196
博奕の精神   196−197
歴史上の博奕   197−198
文界近状   198
正太夫と流行子   198−199
ツルゲネーフの小品   199
尾花集   199−200
閑窓茶話   200−201
和文學史   201−202
凧の糸目   202
小説相撲   202
山庵雜記   203−204
詩篇若葉   204
想像と空想   204−205
基督教内の偶像教   205
海軍の擴張   205
單純なる宗教   205−206
五羅漢の贊   206
文界時事 1   206−207
文界時事 2   207
對花小録   207−209
傳道師の將來   209−210
組合教會と宣教師   210−211
文界時事 3   211−212
國民之友對自由黨   212
腓立比物語を讀む   212−213
文界時事 4   213
偶思録   213−214
文界時評   214−215
客居偶録   215−218
三浦泰一郎君   218
哀詞序   218−219
思想の聖殿   219−220
兆民居士安くにかある   220
漫罵   220−221
一夕觀   222
蟲韻些語   223
我牢獄   224−226
星夜   227−231
宿魂鏡   231−240
ヱマルソン   241−279
哀願書   280
富士山遊びの記臆   280−286
手帳のはしに   287
夢中の詩人   287−288
石坂ミナ宛書簡草稿   288−291
((北村門太郎の))一生中最も慘憺たる一週間   291−292
父快藏宛書簡草稿   292−294
石坂ミナ宛書簡   295
石坂ミナ宛書簡   296
悲苦の((一日半))世紀   296−297
石坂ミナ宛書簡草稿   297−298
絶情   298
在米石坂公歴宛書簡草稿   299
石坂ミナ宛書簡   299−301
嗟世に愛情ヨリ   301
石坂昌孝宛書簡   301−303
明治二十一年四月の旅行記概畧   303−304
石坂登志子宛書簡草稿   304
島崎藤村宛葉書   304
島崎藤村宛葉書   304−305
川合信水宛葉書   305
島崎藤村宛葉書   305
川合信水宛葉書   305
女學雜誌社編輯局宛封筒   305−306
秋山國三郎宛葉書   306
島崎藤村宛書簡   306
北村ミナ宛書簡   306−307
北村ミナ宛書簡草稿   307−308
透谷子漫録摘集   309−321
『春』と透谷   322−324
序文 星野天知 著 325
序文 戸川秋骨 著 325
亡友を吊ふ 平田禿木 著 326−327
亡友反古帖 島崎藤村 著 327−329
戸川殘花 著 329−330
六年前、北村透谷二十七囘忌を迎へし時に 島崎藤村 著 333−338
透谷、樗牛の浪漫主義 唐木順三 著 339−342
福澤諭吉と北村透谷 木下尚江 著 342−344
日本近代文學の主體 小田切秀雄 著 344−348
北村透谷の生涯 勝本清一郎 著 348−363
文學論史上の位置 片岡良一 著 363−369
二つの問題 なかのしげはる 著 370−371
自由民權運動の地下水を汲むもの(抄) 色川大吉 著 372−378