サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
卑弥呼の王権について 吉田晶 著  
弥生時代における国・王とその構造 高倉洋彰 著  
古代国家の成立 井上辰雄 著  
4・5世紀の中国と古代朝鮮、日本との関係について 川本芳昭 著  
日本書紀の「任那の調」関係記事の検討 延敏沫 著  
所謂「任那日本府」の再検討 鬼頭清明 著  
六・七世紀の「大兄」 篠川賢 著  
舒明〜斉明期の紀年について 黒田達也 著  
古代新羅の官司制成立について 倉本一宏 著  
日羅について 吉野忠行 著  
遣唐使航路「南島路」の存否をめぐって 山里純一 著  
乙巳の変と「大化」の新政権 篠川賢 著  
六四〇年代の東アジアとヤマト国家 山尾幸久 著  
女帝の条件 滝浪貞子 著  
阿倍比羅夫北征地名考 小口雅史 著  
出雲国造と系図 高嶋弘志 著  
称徳・道鏡政権の政権構想 栄原永遠男 著  
橘諸兄と奈良麻呂の変 木本好信 著  
獄令告密条と橘奈良麻呂の変 宮川久 著  
古代天皇権力と貴族専権 木本好信 著  
桓武天皇と百済王氏 上田正昭 著  
淳和朝の嵯峨派官人 福井俊彦 著  
称徳・道鏡政権下における百済王氏 大坪秀敏 著  
平安時代の式部卿 安田政彦 著  
背奈氏に対する賜姓の一考察 大坪秀敏 著  
藤原冬嗣家族について 栗原弘 著  
平安初期における征夷終焉と蝦夷支配の変質 熊谷公男 著  
関白研究上の諸問題 坂本賞三 著  
駿河国における平将門の乱 川島茂裕 著  
カバネ秩序に関する基礎的考察 内田浩史 著  
世界法史上から見た十七条憲法の意義と特質 小森義峯 著  
スルガ国造とスルガ国 仁藤敦史 著  
“物部”についての一考察 長家理行 著  
「大化改新詔」における畿内の四至について 木下良 著  
古代総領制をめぐる諸問題 白石成二 著  
大宝官位令の復原的研究 荆木美行 著  
筑紫大宰の冠位・位階をめぐる諸問題 中西正和 著  
『続日本記』霊亀二年五月庚寅条の法令条文の基礎的考察 桜井信也 著  
長屋王家木簡の文書と家政機関 東野治之 著  
紫微中台と坤宮官 水野柳太郎 著  
勧学院小考 海野よし美 著  
勘解由使補任稿 笠井純一 著  
「国府と駅家」再考 木下良 著  
下野国都賀・河内両郡における古代駅路について 木本雅康 著  
素描・筑摩国府 桐原健 著  
古代常陸国信太郡の郷について 久信田喜一 著  
律令国家の地方医療政策と遣使 渡部育子 著  
古代の常陸国の関 志田諄一 著  
大隅国府と日向国島津駅との古代官道について 小園公雄 著  
「六箇郡之司」権に関する基礎的考察 伊藤博幸 著  
上野国の「郡」の成立をめぐって 関口功一 著  
播磨国揖保郡浦上里(郷)について 福島好和 著  
『儀式』『延喜式』における皇太子の正月受賀儀礼について 藤森健太郎 著  
日本の古代氏族・葛城氏 塚口義信 著  
古代における氏の形態と構造 中村英重 著  
倭京・藤原京の市について 前田晴人 著  
安房国の荷札について 鬼頭清明 著  
大和国における奈良時代の農業的土地利用の諸相 伊藤寿和 著  
長屋王家と万葉歌 八木充 著  
律令制下における精神病離婚 渡辺俊三 著  
調庸布織成に関する二・三の問題 森明彦 著  
班田手続きに関する一考察 月輪理 著  
諸司時服の再検討 沢木智子 著  
古代・中世における技能の継承について 細井浩志 著  
東大寺領越中国大藪荘の絵図と経営環境 藤井一二 著  
古代村落の「盗」について 田中禎昭 著  
貴族家の考察 森田悌 著  
恭仁宮・恭仁京復原案の副案 伊野近富 著  
方格地割制と条里制 伊野近富 著  
平安京遷都論 中村修也 著  
平安京の人口について 井上満郎 著  
桓武天皇と東寺領伊勢国川合荘の伝領 寒川照雄 著  
近江国愛智郡条里成立の一考察 喜多貞裕 著  
桂川の河道変遷と東寺領上桂荘 金田章裕 著  
受領の収取の一考察 森田悌 著  
形成期の平等院領について 吉村亨 著