サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
日本朗詠史年表稿・鎌倉期篇 青柳隆志 著  
後鳥羽院と親鸞 平松令三 著  
中世天皇の「家」について 松薗斉 著  
文学のなかの新田氏 青柳達雄 著  
建春門院の周辺 山内益次郎 著  
治承三年十一月の政変と摂関家 田中文英 著  
『貴嶺問答』の構成と編述意図について 2 三保サト子 著  
前期信濃時代の宗良親王 安井久善 著  
足利尊氏・直義兄弟の光と陰−足利直義論 1 石井由紀夫 著  
応永・永享期における陰陽道の展開 柳原敏昭 著  
宮内庁書陵部蔵「義政公記」について 森田恭二 著  
実隆公記文学記事索引草稿 2 土井哲治 著  
抄物における「−合ふ」の「ア」「ヤ」表記について 高見三郎 著  
世尊寺本『字鏡』(心篇)の標出漢字の字体について 望月郁子 著  
中世語二題 鈴木博 著  
禅籍抄物に於ける丁寧語ソロについて 来田隆 著  
親鸞筆『仏説阿弥陀経』『仏説観無量寿経』被字音注漢字索引 上 佐々木勇 著  
新資料「瑞光寺本仮名書き法華経」の系統 4 野沢勝夫 著  
東大寺図書館蔵『法華経論義抄』について 石井行雄 著  
世尊寺本『字鏡』の編纂目的についての一考察 望月郁子 著  
三条西家の講釈 岩坪健 著  
千利休書簡における人物呼称 柏本雄幸 著  
中世和歌における「もとの心」と本覚思想 三崎義泉 著  
「幽玄」用例注釈 3 武田元治 著  
藤原俊成の「もとの心」と本覚思想 三崎義泉 著  
「千載和歌集」の「詞書」の語彙について 若林俊英 著  
『六百番歌合』について 半田公平 著  
『古来風躰抄』序についての諸解釈と本覚思想 三崎義泉 著  
西行論 渡部和雄 著  
西行和歌の枕詞 上 臼田昭吾 著  
西行における「花」の位相 菅基久子 著  
西行の研究 大川信子 著  
西行の鈴鹿山の一首について 中西満義 著  
西行の自我意識 坂口博規 著  
詩人の妄執 松原輝美 著  
西行物語の構造的再編と時衆 山口真琴 著  
『山家心中集』雑下第一首 宇津木言行 著  
暮春款冬 草野隆 著  
定家歌学と六条家説 東野泰子 著  
内閣文庫蔵『建保百首』 兼築信行 著  
『百人一首』における歌順変更 家郷隆文 著  
白描絵入り『百人一首』影印 本田義則 著  
『百人一首新抄』の注釈史上の位置 永田信也 著  
百人一首秘訣 大坪利絹 著  
新古今時代と女歌 田村柳壱 著  
新古今の歌語 紙宏行 著  
新古今集詞書雑攷 武井和人 著  
正徹書写の家隆百首歌について 林寿彦 著  
家隆の冬の歌 1 松井律子 著  
藤原盛方について 中村文 著  
八条院高倉と越前 奥田久輝 著  
『建礼門院右京大夫集』における虚構の問題 佐藤茂樹 著  
続古今和歌集本歌考 9・10 木船重昭 著  
「風葉和歌集」の構造 米田明美 著  
頓阿五十首考 斎藤彰 著  
伊勢時代の宗良親王 安井久善 著  
宗良親王の和歌と実体験 安井久善 著  
以言と定家と正徹と 田中新一 著  
心敬の十識説とその源流 菅基久子 著  
足利義教百首 高田信敬 著  
『勅撰名所和歌要抄』並びに『勅撰名所和歌要抄抽書』の諸本について 中島正二 著  
『類字名所和歌集』入集大嘗会和歌 八木意知男 著  
宗祇撰『下草』の相模女子大学本について 小磯純子 著  
翻刻京都女子大学所蔵『宗碩聞書』 大村敦子 著  
花の下連歌衰退と時衆 1 広木一人 著  
出雲路毘沙門堂の花の下連歌 広木一人 著  
訂正が「正した」こと 今野真二 著  
唯心坊集今様評釈 3 鈴木佐内 著  
無能と和讃 伊藤真宏 著  
早歌『長恨歌』の曲趣について 外村南都子 著  
実隆公記文学記事索引草稿 1 土井哲治 著  
連歌作品における格助詞「へ」の使用 今野真二 著