サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
日本海    
面影    
   
外濠線    
旅の女    
   
   
海鳴り    
赤とんぼ——唐辛    
青葦と寺と人形    
紅い入日    
黄色い晩    
蠟人形    
奇蹟の母    
抜髪    
笑ひ    
苦闘    
汚れた人や花    
銀色の冬    
樹蔭    
話のない人    
銀貨    
私をいぢらしさうに見た母    
真夜中カーヴを軋る電車の音    
北国の夏の自然    
私を憂鬱ならしむ    
風の烈しい日の記憶    
春浅く    
野鼠から起つた話    
山井の冷味    
鉦の音と花    
彼と木の話    
死海から来た人    
土を忘れた男    
   
灯と虫と魚    
草原で見た話    
ふるさと、小鳥    
初冬雑筆    
爛れた日    
赤い月の上る前    
日本海の歌    
樫の木    
黒い鳥    
早魃    
   
停車場を歩く男    
山草の悲しみ    
赤い花と青い夜    
橋の上    
友達に    
無題    
断詩    
彼等    
単調の与ふる魔力    
盲目の喜び    
夕暮の窓より    
夜の喜び    
刹那に起り来る色と官能と、思想の印象    
何故に苦しき人々を描く乎    
動く絵と、新しき夢幻    
余も又Somnambulistである    
神経で描かんとする自然    
単純な詩形を思ふ    
永久に愛は離れず    
芸術の蘇生時代    
囚はれたる現文壇    
民衆芸術の精神    
人間本来の愛と精神の為めに    
我が感想    
最近の日記    
今は亡き子供と    
私の試みる小説の文体    
戦争に対する感想    
プロレタリヤの正義、芸術    
労働祭に感ず    
死の凝視によつて私の生は跳躍す    
芸術の暗示と恐怖    
救ひは芸術にある    
芸術に箇条なし    
子供は虐待に黙従す    
知識階級雑感    
生活から観たる田園と都市    
郷土芸術雑感    
治安維持法案の反道徳的個条    
人道主義を思ふ    
社会芸術の基点    
名もなき草    
男の子を見るたびに「戦争」について考へます    
新ロマンチシズムの転向    
何を習得したらう    
作物と百姓    
女性に精神的協力なき現象    
新文芸の自由性と起点    
今後を童話作家に    
少年主人公の文学    
お伽文学に就て    
少年文学に対する感想    
童話に対する所見    
私が童話を書く時の心持    
童話の詩的価値    
新興童話の強圧と解放    
児童文学の動向    
童話創作の態度    
何故に童話は今日の芸術なるか    
少年時代礼讃    
越後春日山    
どうして子供の時分に感じたことは正しきか    
母親は太陽    
読んできかせる場合    
愛惜の情    
作品また果実の如し    
現下の所感    
純情をうしなうな    
清らかな誇りを持て    
豆鉄砲から    
童話を作つて五十年    
人生案内    
わが母を思う