サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

日本語 ランキング

日本語のランキングをご紹介します一覧を見る

収録作品一覧

国語学と国語史 松村明教授還暦記念

国語学と国語史 松村明教授還暦記念

  • 松村明教授還暦記念会(編)
作品 著者 ページ
本居宣長の「誦」及び「誦習」の訓に就きての考察 岡本準水 著  
鈴木朖の国語学 尾崎知光 著  
古代日本語の母音同化に関する一考察 山口佳紀 著  
形容詞さかし・さがし考 山崎馨 著  
語源的意味と文脈的意味 吉田金彦 著  
〈より〉の持つ意味の一側面 阿部健二 著  
上代語“ク語形”再考 岩松空一 著  
「け長し」「長きけ」「朝にけに」「旅のけ」等のケについて 安田尚道 著  
字訓研究の一試論 白藤礼幸 著  
古事記の万葉仮名表記箇所(歌謡・固有名詞を除く)について 金岡孝 著  
人麻呂の表記の展相 稲岡耕二 著  
続紀宣命の表記と文体 沖森卓也 著  
国語の「清濁」 馬淵和夫 著  
宇津保物語の「奉る」 田中恭子 著  
書き手の態度 岡村和江 著  
三宝絵詞東大寺切の文体について 増成富久子 著  
浜松中納言物語と夜の寝覚の作者 山口仲美 著  
指定辞トシテ、ニシテの句格 鈴木泰 著  
図書寮本類聚名義抄と妙法蓮華経釈文 宮沢俊雅 著  
無窮会本系大般若経音義附載の篇立音義について 築島裕 著  
文体的価値の再構 西田直敏 著  
中世語における格意識の一面 山口明穂 著  
極初期キリシタンにおける原語と訳語の一問題 福島邦道 著  
対者敬語「申す」について 金田弘 著  
鷺流狂言本に見られる一・二人称代名詞の用法について 池上秋彦 著  
仁勢物語の贋程度 鈴木一彦 著  
江戸語の形成 小松寿雄 著  
近代語における複合辞的表現の発達 田中章夫 著  
居られるという言い方について 坂梨隆三 著  
接続詞「が」 京極興一 著  
漢語研究上の一問題 山田俊雄 著  
『安愚楽鍋』の登場人物とその音訛 古田東朔 著  
『単語篇』に児童がつけたふりがなについて 鈴木真喜男 著  
明治詔勅文の文体 飛田良文 著  
近代口語文における程度副詞の消長 松井栄一 著  
新聞の見出しの近代化 鈴木英夫 著  
方言と国語史の接点 日野資純 著  
あらたまりの言語 武井睦雄 著  
「ますです」について 宇野義方 著  
年齢的位相語としての書簡用語 橘豊 著  
語の意味の周辺 西尾寅弥 著  
単語の文体的特徴 宮島達夫 著  
準用語 森岡健二 著  
名詞が文の部分になるとき 松本泰丈 著  
所謂副詞語尾の「に」について 青木伶子 著  
限定副詞の機能 工藤浩 著  
語列の意味と文の意味 尾上圭介 著  
文章論の輪廓 林四郎 著  
文章論の視界 宮地裕 著  
小中学生の作文の表現 市川孝 著  
送り仮名の法則と心理 加藤彰彦 著  
『当世書生気質』の外国語・外来語 辻村敏樹 著  
新井白石と外国語・外来語の片仮名表記 松村明 著  
国語辞書の意味の扱いに関する二・三の問題 倉持保男 著  
構文論と意味論との関係 水谷静夫 著  
所有の移動をあらわす動詞と格の枠組 清水康行 著  
活用の種類における特異性 中山昌久 著  
天草本平家物語の漢語 柏谷嘉弘 著