サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

収録作品一覧

国語助詞助動詞論叢 田辺博士古稀記念

国語助詞助動詞論叢 田辺博士古稀記念

  • 田辺博士古稀記念国語学論集編集委員会(編)
作品 著者 ページ
「ば」・「て」の承接する上下主体の異同 浅野信 著  
『今昔物語集』本朝仏法部の主格助詞 阿部八郎 著  
善徳纂『約翰福音之伝』の異本における助詞の異同 岩崎摂子 著  
修飾格助詞と動詞語義の相関について 岩下裕一 著  
『万葉集』における助詞「ば」の音価について 漆原直道 著  
接続助詞「とん」「どん」について 岡崎正継 著  
助詞「がに」の史的変遷 小倉肇 著  
接続助詞「し」の成立をめぐって 柏原司郎 著  
『平家物語』に見えるいはゆる逆接の「ねば」について 鎌田広夫 著  
助詞「を」について 鎌田良二 著  
京阪語の「も」などのアクセント 川上蓁 著  
井原西鶴の場合 黒瀬崇 著  
春秋経伝集解巻第十保延五年点にみられる助詞について 米野正史 著  
ハ・ガ小考 坂口頼孝 著  
日本語の旋律史からみた助詞の問題 桜井茂治 著  
格助詞「に」による動作主尊敬表現 杉崎一雄 著  
副助詞「など」は例示の意なりや 関谷浩 著  
国学者鱸有飛の助辞研究 寺田泰政 著  
万葉「馬莫疾打莫行」考 徳田政信 著  
『古事記』の助詞の表記 夏井邦男 著  
終助詞「てよ」について 長谷川政次 著  
声点資料による助動詞の性格について 岩手勇二 著  
助動詞「らむ」の口語性 遠藤和夫 著  
助動詞《り・たり》と一表現法 遠藤潤一 著  
鎌倉時代の説話集における敬語「る・らる」 大久保一男 著  
助動詞ベイと洞門抄物 金田弘 著  
助動詞「し」の未然形試論 国田百合子 著  
非情の受身について 小杉商一 著  
日本古農書における「べし」系の用語 島正三 著  
源氏物語の語法・用語例 橘誠 著  
「べし」における可能の意味 橋本研一 著  
『古今集遠鏡』俗言解小考 樋渡登 著  
江戸後期町人階層の日常書簡文中に見える助動詞 道本武彦 著  
助動詞「さうだ」考 宮地幸一 著  
「す」「さす」重複の表現 森昇一 著  
物語を止める助動詞としての「けり」「ぬ」他 山口雄輔 著  
記紀において受身をあらわす「所」「被」「見」について 山崎孝雄 著  
訳語としてみた「助動詞」 吉沢典男 著  
「とはずがたり」の語法 此島正年 著  
学校文法における助動詞・助詞 小林国雄 著  
『中華若木詩抄』に見る文末の「也」と「ソ」 妙摩光代 著  
神田本白氏文集天永点の付属語について 高橋宏幸 著  
ギュツラフ訳聖書「約翰上中下書」の助詞・助動詞について 新山茂樹 著  
古今伝授における付属語の声点について 森孝宏 著  
動物名に付く接尾語「メ」について 森下喜一 著  
補助動詞「あり」小論 中村幸弘 著  
敬語の分類と敬語補助動詞 和田利政 著  
円堂点の成立と展開 築島裕 著  
文構成過程に基づく辞の分類 原土洋 著