サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
制度知の概念 長尾竜一 著 9-24
ソロンの「エウノミア」とポリス思想 仲手川良雄 著 25-41
制度知としてのタルムード 市川裕 著 42-60
制度知としてのスコラ学 稲垣良典 著 61-74
知の制度の法的政治的意義 松浦好治 著 75-93
マックスヴェーバーにおける制度と人間 内田芳明 著 94-131
意識・規範・制度 今井弘道 著 132-149
理想型としての「近代」 犬飼裕一 著 150-166
書評村上淳一『仮想の近代—西洋的理性とポストモダン』 平田公夫 著 167-171
「市民」の「社会」化 大野達司 著 172-181
制度知の原点 梅原猛 ほか座談 182-203
和辻のまなざし 木村勲 著 204-220
日本古代の大学と試験制度 古藤真平 著 221-244
日本儒学の制度と性格 黒住真 著 245-260
儒教思想・科挙制度・そして中国知識人の歴史的運命 呉豪人 著 261-267
君主権の回答にみるハレ法科大学判決団 飯野靖夫 著 268-285
近代日本社会と法学校の成立 栗本慎一郎 著 286-303
刑法解釈学と外国学説 青木人志 著 304-317
書評島善高『近代皇室制度の形成明治皇室典範のできるまで』 川田敬一 著 318-320
独逸学協会とドイツ法学 堅田剛 著 321-342
身分制的支配構成単位としての家の崩壊 ラインハルト・コゼレック 著 343-360
比較法史の基礎としての自然法学の所有権概念 吉野悟 著 361-391
書評吉野悟『近世私法史における時効』 赤松秀岳 著 392-398
十七世紀の法思想家たち、クック、セルデン、ヘイルの場合 矢崎光圀 著 399-415
書評耳野健二「サヴィニーにおける法的世界の概念構造について1・2・完—一般的要素と個別的要素の関係を中心に」 桜井進 著  
書評駒城鎮一『普遍記号学と法哲学』 小畑清剛 著 420-425
書評甚野尚志『隠喩のなかの中世—西洋中世における政治表徴の研究』 野上博義 著 426-430
コンピュータによる研究の効率化と可能性 花本広志 著 431-447
An early case of social disciplining Harald・Kleinschmidt 著 448-476