サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー こんな気分に浸りたい!秋と寂しさを楽しむ60冊(~11/1)

収録作品一覧

音楽の宇宙 皆川達夫先生古希記念論文集

音楽の宇宙 皆川達夫先生古希記念論文集

  • 皆川達夫先生古希記念論文集編集委員会(編)
作品 著者 ページ
楽師の不思議な角笛 上尾信也 著 17-26
15世紀前半のイタリアにおける北方音楽家たち 今谷和徳 著 27-34
〈甘美な響き〉の源 金沢正剛 著 35-40
アオスタ写本における2つの写本構成法 佐々木勉 著 41-48
奈穂に 辻成史 著 49-59
ヨハネス・オケゲムの《アヴェ・マリア》 寺本まり子 著 60-68
マルケット・ダ・パドヴァが全音を5等分割したことをめぐって 東川清一 著 69-75
中世音楽における二分法「自然のもの」と「人工のもの」 永田仁 著 76-82
近世イングランドにおける音楽学位 那須輝彦 著 83-93
古代ローマ石棺浮彫りにみる奏楽の女性像 名取四郎 著 94-107
フランコ記譜法理論の展開 西間木真 著 108-113
『記譜法論Tractatus Figurarum』について 宮崎晴代 著 114-123
ルネサンスの合唱音楽 村松玲子 著 124-134
Instrumenta FundamentiとInstrumenta Ornamentiについて 荒川恒子 著 135-142
J・S・バッハの作品概念 礒山雅 著 143-149
ルイ14世と宮廷バレエ 小穴晶子 著 150-158
バッハにおける調性の美学 小林義武 著 159-165
モンテヴェルディとタッソ 高野紀子 著 166-175
不完全な拍節‘C’の普通の拍子‘4分の4’への転換 古山和男 著 176-185
シュッツにおけるイタリア作品の転用について 正木光江 著 186-196
J・ケージのメゾスティックス 庄野進 著 197-204
ザルツブルクの写譜家研究の諸問題 西川尚生 著 205-216
〈菩提樹〉における隠喩 三宅幸夫 著 217-223
「実用版」楽譜とは何か? 渡辺裕 著 224-232
キリシタン時代に歌われた《Dic nobis Maria》について 笠原潔 著 233-238
キリシタン史料における擦弦楽器 神戸愉樹美 著 239-254
教育的視点による生月島壱部・旧キリシタンの「歌おらしょ《ぐるりよざ》」の変容 竹井成美 著 255-264
キリシタン版から見た近世邦楽の萌芽 千葉優子 著 265-272
フロイス『日本史』におけるcanto d’orgaoをめぐって 美山良夫 著 273-278
『長崎版サクラメント提要(1605年)』の歌譜について 山内忠 著 279-286
ロンドンの日本劇《ムスメ》 倉田喜弘 著 287-294
ラファエル・ケーベルの日本における演奏活動について 関根和江 著 295-303
ジョージ・オルチン師とL・W・メーソン 手代木俊一 著 304-309
日中両国での西洋音楽受容初期にみる五線譜に関わる活動について 仲万美子 著 310-322
文政3年出島上演の「二人猟師【チチ】売娘」 中村洪介 著 323-338
日曜日にはバンドがひびく 樋口昭 著 339-346
ユダヤ系音楽家と日本の音楽界 樋口隆一 著 347-354
夢の転位 林淑姫 著 355-364
ベルリンのシナゴーグとオルガン 伊藤恵子 著 365-373
芸術文化の公的支援 住川鞆子 著 374-384
音楽文献目録委員会と『音楽文献目録』 関根敏子 著 385-398
ミュージックからミュージックスへ 滝沢達子 著 399-409
内田百間と音楽 千葉潤之介 著 410-417
ウンム・クルスーム生涯の軌跡 水野信男 著 418-428
未来願望としての歴史認識 沢田昭夫 著 429-434
N・グッドマンに於けるレファランスと類似 戸沢義夫 著 435-444
時間と音楽 橋本典子 著 445-453
エドモンド・ガーネイにおける音楽的価値の理論 松尾大 著 454-459
平安期の女流文学に記述された自然音と楽器音・声との響き合い 茂手木潔子 著 460-469