サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
わが『史料採訪』の旅 福田栄次郎 著 16-65
売券の地域性と普遍性に関するノート 湯浅治久 著 66-85
滋賀県伊香郡木之本町『古橋区有文書』の伝来と特徴について 太田浩司 著 86-113
近江国坂田郡平方庄・楞厳院庄の支配と在地構造 釈迦堂光浩 著 114-153
近江大原観音寺の承仕・門前衆 鳥居もえぎ 著 154-164
畿内周辺における売寄進状の諸形態 長谷川裕子 著 165-183
東寺百合文書「や一〇号若狭国太良荘并尾張国大成荘文書案(中欠)」の成立について 高橋孝行 著 184-204
烟田文書小考 武者詩久美 著 205-214
摂津国野鞍荘とその史料をめぐって 長田郁子 著 215-229
香取神社文書に関する一考察 神崎勉 著 230-244
流刑地としての夷島、津軽・外浜 外山至生 著 245-255
文書の封式と伝達に関する覚書 鎌倉佐保 著 256-273
中世におけるshintoの語をめぐって 村上弘子 著 274-293
近世旗本知行所支配における用人書簡の機能について 原和之 著 294-320
常陸国土浦藩の徒罪について 神崎直美 著 321-352
近現代の消費財をめぐって 中山文人 著 353-367
福田先生と観音寺文書 林昭仁 著 368-370
福田先生にお会いして 山口智順 著 371-375
近江国観音寺文書調査余滴 神崎彰利 著 376-379
『近江井口日吉神社文書』と福田先生 宮沢義夫 著 380-393
福田先生との出会い 清水進 著 394-398
温厚篤実な福田先生 丸山幸太郎 著 399-400
岐阜県史で福田先生の教えをうけて 則竹節 著 401-407
福田先生との三年間の思い出 島田譲治 著 408-410
二〇回の史料採訪 杉浦千加子 著 411-412
一九七八年の「史料採訪」 藤岡修 著 413-414
暑いからこそ 渡辺佳子 著 415-416
史料採訪に参加して 岡村克之 著 417-419
史料採訪の残してくれたもの 三舟薫 著 420-421
回想記 湯沢高之 著 422-424
思い出 井田敏信 著 425-426
福田先生との益田への旅 湯浅治久 著 427-429
悦子版『道中記』と“史料採訪” 川田悦子 著 430-432
終えて知る史料採訪ありがたし 中山文人 著 433-436
昭和五八年(一九八三)夏佐賀合宿参加記 吉野英子 著 437-438
観音寺調査スタートの頃 須永一弘 著 439-441
出逢いに感謝して 佐々木洋子 著 442-444
軽い気持ちで参加して 土山真由美 著 445
史料採訪で得たもの 尾崎泰弘 著 446
古文書をはじめてさわった日 井上淳 著 447-448
「美濃地方中世文書採訪」の思い出 吉田雅之 著 449-450
「史料採訪」で学んだこと 樺井義孝 著 451-452
白山への道 神崎勉 著 453-454
「史料採訪」の思い出 塩坂順子 著 455-456
史料採訪印象記 笹島平吉 著 457-464
史料採訪の思い出 葛生雄二 著 465-467
もう八年も前のこと 月村美智子 著 468-469
古文書採訪とお酒 鶴見恒 著 470-472
私と史料採訪との闘いについて 楠田由美子 著 473-475
暑い夏に学んだこと 増田純江 著 476-477
福田先生と史料採訪に纏わるエトセトラ 本村慈 著 478-479
福田式史料採訪 成塚竜平 著 480-481
おもいだすこと 長久保幸男 著 482-484
史料採訪参加について 都築定枝 著 485-487
出会い 金子奈美子 著 488-490
横山城跡を歩いて 遠藤ゆり子 著 491-494
福田先生と学んだ日々 大谷崇磨 著 495-496
南山城を歩いて 酒井芳司 著 497-499
中世文書を読む 富岡理恵子 著 500-501
かまめ会 野口華世 著 502
「史料採訪」に参加して 田中浩太郎 著 503-505
史料採訪での思い出 川田広通 著 506-507
夏の京都史料研究の旅 新津綾 著 508-510
あるいてふれて、感じる中世 深尾啓子 著 511-512
立政寺の宝篋印塔 鈴木忍 著 513-515