サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
文学のある風景 増島実 撮影 1−32
女から見た性のエリート・凛子「失楽園」 高樹のぶ子 著  
霧子は消えた「化身」 林真理子 著  
女性性と渡辺淳一「ひとひらの雪」 小池真理子 著  
作家の日々 秋元孝夫 写真 33−64
「失楽園」に至る渡辺文学の軌跡 川西政明 著 66−75
「異邦人」の眼「氷紋」 川辺為三 著 76−80
愛のかたち「夜の出帆」 北原亞以子 著 80−82
肉体、この不思議なるもの「くれなゐ」 川辺為三 著 82−84
夫・愛人・妻という三角関係「愛のごとく」 秋山駿 著 84−86
仄かでぎこちない夫の愛情「別れぬ理由」 神津カンナ 著 87−89
作品を彩る日本の四季「うたかた」 三木章 著 89−91
崖っ淵の青春「何処へ」 大村彦次郎 著 91−93
心臓移植手術と渡辺淳一「白い宴」 朝倉賢 著 94−96
ドライな視線としっとりした抒情「無影燈」 尾崎秀樹 著 96−98
医学史の裏面を照らす「長崎ロシア遊女館」 清原康正 著 98−102
胸を打つ医師としての悲しみ「雪舞」 林富士馬 著 102−105
医師の手にゆだねられた生と死「神々の夕映え」 藤田昌司 著 106−109
医学小説における秀でた先見性「ヴェジタブル・マン」 安宅夏夫 著 109−111
医学と文学の理想的な協調「花埋み」「白き旅立ち」 郷原宏 著 112−116
野口英世・生き急いだ〈二十四時間人間〉「遠き落日」 川辺為三 著 116−120
抱月・須磨子に注ぐ眼差し「女優」 森開逞次 著 121−123
軍神・烈婦の本当の気持ち「静寂の声」 清原康正 著 123−127
鉄幹・晶子、ドラマティックな夫婦の人生「君も雛罌粟われも雛罌粟」 俵万智 著 127−128
自作再見「阿寒に果つ」   78−79
「桜の樹の下で」の渡辺淳一さん   86
「何処へ」の周辺   92−93
わたしのデビュー作「死化粧」   100−101
気になる著者との60分   106−107
『冬の花火』あとがき   114−115
火のように生きる人が好きだ   124−125
作家の軌跡   129−160
指輪 渡辺淳一 著 161−172
文章世界に酩酊して 水上勉 述 174−181
大人の性愛 高樹のぶ子 述 182−192
お定さんに学ぶ 丸谷才一 述 193−199
医学と文学 飯村攻 述 200−205
男と女の話 藤堂志津子 述 206−210
医学生、渡辺淳一 河邨文一郎 著 212−213
渡辺淳一君の歌 中山周三 著 213−214
「くりま」同人渡辺淳一 倉島齊 著 214−215
つかず離れず、三十年 有馬千代子 著 216−217
十数年変わらぬ酒肴は女性談義 井川高雄 著 217−218
男の本質、女の本質 津川雅彦 著 218−219
静かな気配の人 増田れい子 著 219−221
情念に溺れた世界を描く常識人 岡田茂 著 221−222
作家の好色について 大村彦次郎 著 222−223
和田心臓移植事件での出会い 松田宏 著 223−224
帯締め 園田静香 著 225−226
渡辺先生、実は女に臆病? 黒木瞳 著 226
心臓移植の光と影 森末克彦 著 227−228
石の会の頃 北原亞以子 著 228−229
アイスランド協会のこと 牧内節男 著 229−230
四十代でわかる渡辺文学 中原誠 著 231
「風のように」と 三嶋典東 著 231−233
三十年間の交遊 千葉豊昭 著 233−234