サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

収録作品一覧

金田一博士古稀記念言語・民俗論叢

金田一博士古稀記念言語・民俗論叢

  • 金田一博士古稀記念論文集刊行会(編集)
作品 著者 ページ
言語活動の特質 岡本千万太郎 著  
現代語辞書の批判と編集の実際 見坊豪紀 著  
所謂心理的主部述部について 神保格 著  
言語における主体的なもの 時枝誠記 著  
表現文法の問題 永野賢 著  
音声観察方法 服部四郎 著  
文の限界 三宅武郎 著  
国語異常表現の一態 浅野信 著  
古辞書「和名集」について 有坂秀世 著  
近代日本語と漢語語彙 池上禎造 著  
いはゆる口語文の性格 今泉忠義 著  
名目雑抄 岩橋小弥太 著  
「カラ」と「カラニ」の古い意味について 大野晋 著  
さうやさかいに 折口信夫 著  
地名「沖縄」の起源について 金城朝永 著  
湖の字を「ミナト」と訓むことの考 金沢庄三郎 著  
古今和歌集の註釈のために 亀井孝 著  
国語アクセント史の研究が何に役立つか 金田一春彦 著  
助詞「を」の歴史 此島正年 著  
老妓抄 小林英夫 著  
接続助詞「ものの」と「が」とについて 佐伯梅友 著  
山形県大鳥方言の音素分析 柴田武 著  
助詞の歴史的分類法に就いて 武田祐吉 著  
複合動詞における補助動詞的要素に就いて 武部良明 著  
謂はゆる誂への助詞「なむ」に就いて 田辺正男 著  
「貴様」の変遷 辻村敏樹 著  
御国通辞と杜陵方言考 東条操 著  
疎開学童のガ行鼻音はどう変わったか 中沢政雄 著  
「来れる」「見れる」「食べれる」などという言い方についての覚え書 中村通夫 著  
書簡史的に見た「侍り」と「候ふ」との推移について 服部嘉香 著  
北海道方言の性格とその研究の意義 平山輝男 著  
山田美妙言文一致論の原型 本間久雄 著  
移り行く可能表現 宮地幸一 著  
最近の琉球事情と言語問題 宮良当壮 著  
上代の方言区劃 安田喜代門 著  
ミギとミギリ 山田忠雄 著  
仏京刊行亜細亜博言集の日本語 吉町義雄 著  
満洲語の動詞語尾-ci及び-cibeについて 池上二良 著  
上代中世仏僧の韓漢語学考序説 石黒魯敏 著  
「諸史夷語音義」に就いて 石田幹之助 著  
十四世紀(コロンブス以前)に於ける北米河川交通ならびに北米渡航を示す一碑文 泉井久之助 著  
フランス語史三態 川本茂雄 著  
ホメロスに於ける「黒」を表はす語彙について 高津春繁 著  
中期朝鮮語用言語幹の声調に就いて 河野六郎 著  
アイヌ語の助詞 知里真志保 著  
散逸ブラーフマナ文献より 辻直四郎 著  
レグイとその業績 徳永康元 著  
中国語察哈爾南部方言に於ける鼻音に終る韻類 野村正良 著  
古代東亜に於ける南方語の影響 松本信広 著  
安南語の声調の体系について 三根谷徹 著  
“Morte Arthur”に関する解釈 小林淳男 著  
源氏物語「夕顔」巻の成立 高崎正秀 著  
万葉開巻第一歌 土岐善麿 著  
つれづれ草に於ける美の様式とその構造 西尾実 著  
万葉研究史上の一二の問題 久松潜一 著  
物語に於ける表現の問題 三谷栄一 著  
万葉表現の特殊修辞 森本治吉 著  
北海道日高国二風谷コタンに於ける家系とパセ・オンカミ「尊貴神礼拝」 久保寺逸彦 著  
アイヌが矢毒に用いた有毒昆虫 河野広道 著  
漂流記に現れた千島蝦夷 高倉新一郎 著  
民俗資料の意味 有賀喜左衛門 著  
日本民俗におけるアイヌ習俗残存の問題 大藤時彦 著  
オモテとヨマ 大間知篤三 著  
娘のつれ 瀬川清子 著  
昔話の宗教的基礎に関する覚書 関敬吾 著  
頭人の祭祀 西角井正慶 著  
南部獅子舞覚書 能田多代子 著