サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
前期物語の性格 中野幸一 著 11-18
『伊勢物語』の和歌の諸相 奥村英司 著 19-24
『伊勢物語』の形成をめぐる一試論 萩野敦子 著 25-35
伊勢物語の〈色ごのみ〉をめぐって 木村一 著 36-39
熊本大学文学部国文学研究室蔵『伊勢物語』について 迫徹朗 著 40-44
中之岳神社蔵『伊勢物語』について 大島由紀夫 著 45-51
藤原基俊と『伊勢物語』 佐藤雅代 著 52-59
三条西家流『伊勢物語』注釈の一形態 藤島綾 著 60-64
神宮文庫蔵『伊勢物語注本』における万葉擬歌 木戸久二子 著 65-70
「伊勢物語哥之注・月樵筆」の成立と性格 藤川晶子 著 71-77
伊勢物語初段・「いちはやきみやび」と称される主人公の位相 生駒晴美 著 78-84
『伊勢物語』の「ひなび」について 磯部勇 著 85-93
『伊勢物語』誤写の論 後藤康文 著 94-98
『伊勢物語』第二十二段考 伊牟田経久 著 99-107
『篁物語』と歌物語 福家俊幸 著 108-111
物語作品の出現と物語表現の完成 長沼英二 著 112-117
宇津保物語成立過程における描写の変化 木越隆 著 118-127
うつほ物語における拒絶する女達 高野英夫 著 128-132
『源氏物語』を語る時間の方向性の一考 吉原理恵子 著 133-136
『源氏物語』の身体の表意 松井健児 著 137-146
源氏物語と呪歌 久富木原玲 著 147-153
『源氏物語』にみられる書論 伊藤博 著 154-161
ココロヤマシの重み 望月郁子 著 162-171
源氏物語「あて」について 藤田菖畔 著 172-177
源氏物語の「泣く泣く」について 阿久沢忠 著 178-184
源氏物語の文章構造 森一郎 著 185-200
『源氏物語』の助詞カナについて 近藤要司 著 201-212
源氏物語の描写を読む 藤田加代 著 804-806
夕顔の怪 原田敦子 著 213-219
源氏物語における対偶構成の巻々 1 西田隆政 著 220-226
『源氏物語』成立考 2 斎藤正昭 著 227-236
源氏二代の位相 日向福 著 237-242
源氏物語若菜の巻の構成方法 西田隆政 著 243-250
若菜下の巻の三の宮 茅場康雄 著 251-253
「橋姫」巻引歌攷 上坂信男 著 254-270
早蕨巻・宿木巻における物語の揺れ 五十嵐正貴 著 271-276
源氏物語にみる父親像 永村保 著 277-290
『源氏物語』の主役の女性達 鈴木一雄 著 291-305
源氏物語、端役の潜在力 加藤宏文 著 306-312
夕顔の帖の女性イメージ 吉村順子 著 313-324
光源氏における詩人 根本智治 著 325-330
『源氏物語』にみる光源氏の服色 鳥居本幸代 著 798-803
光源氏と朱雀院の変貌 上田満寿美 著 331-336
紫の上の和歌覚書 鈴木裕子 著 337-345
紫の上・道心としての仏事 高野菊代 著 346-353
「紫上の遺言」以後 倉又幸良 著 354-358
「空蟬」考 岩下均 著 359-367
源氏物語の地の文の表現構造 森一郎 著 368-378
源氏物語葵巻の「あふひ」について 新間一美 著 379-391
末摘花は変貌したのか 外山敦子 著 392-399
朧月夜の君 谷口茂 著 400-416
性格美人“花散里”の人間像 梅野きみ子 著 417-422
元気な姫君・近江君 中西紀子 著 423-428
「朝顔の姫君」の人物像 下山真理子 著 429-432
「薄雲女院」に見る源氏物語注釈 波多野真理子 著 433-439
秋好中宮論 山田利博 著 440-446
散逸「桜人」と玉鬘物語 稲賀敬二 著 447-454
筑紫の五節から玉鬘へ 斎藤正昭 著 455-461
源氏物語における夕霧の役割 石阪晶子 著 462-467
薫の表情 倉田実 著 468-473
浮舟巻における匂宮の〈かいま見〉について 五十嵐正貴 著 474-476
八の宮の王権をめぐって 原豊二 著 477-486
中京大学図書館蔵河内本源氏物語について 加藤洋介 著 487-491
春曙文庫蔵源氏物語断簡(別本)はしひめ翻刻 1 柿谷雄三 著 492-500
『源氏物語絵巻』を読む 久下裕利 著 501-506
尋流抄の「紫式部の詞」について 井爪康之 著 507-515
近世における『源氏物語』の享受資料 中野幸一 著 516-523
黒沢翁満の『源氏物語』受容 余田充 著 524-532
現代における源氏物語享受について 山田利博 著 533-537
源氏物語爪印椎本巻 村井利彦 著 794-797
版本『万水一露』の本文と無刊記本『源氏物語』 清水婦久子 著 538-554
常磐松文庫蔵『九条家本源氏物語聞書』翻刻 2 渡辺道子 ほか著 555-597
『新撰増注光源氏之小鏡』の出典について 1 田尻紀子 著 598-604
学習院女子部図書室蔵「源氏菫草」覚え書き 永井和子 著 605-610
「源氏菫草」夕顔巻翻刻 永井和子 著 611-640
今治市河野美術館蔵『源氏無外題抄』翻刻 3 土田節子 著 641-646
静嘉堂文庫本『源氏露』をめぐって 中葉芳子 著 647-652
翻刻『源氏物語古註』 32 熊本守雄 著 653-660
源氏物語新釈における補訂の一様相 斎木泰孝 著 661-667
掃墨物語と勢語井筒 保科恵 著 668-675
夜の寝覚論 大倉比呂志 著 676-685
浜松中納言物語論 大倉比呂志 著 686-691
狭衣物語と〈かぐや姫〉 鈴木泰恵 著 692-697
『狭衣物語』の今姫君と源氏宮 堀口悟 著 698-700
狭衣物語における竹取物語と隠れ蓑物語 斎木泰孝 著 701-706
蓬左文庫蔵『狭衣聞書』について 中城さと子 著 707-716
蓬左文庫蔵『狭衣聞書』について 中城さと子 著 717-732
空蟬巻の垣間見 続 川名淳子 著 733-743
「おぼゆ」考 柳椿姫 著 744-750
「通ふ」の用法 柳椿姫 著 751-756
尾州家河内本から耕雲本源氏物語へ 加藤洋介 著 757-769
桐壺更衣考 武谷恵美子 著 770-780
「このついで」論 下鳥朝代 著 781-793