サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

収録作品一覧

父と母の昔話(文春文庫)

父と母の昔話 (文春文庫 ベスト・エッセイ集)

  • 日本エッセイスト・クラブ(編)
作品 著者 ページ
本の話 司馬遼太郎 著 14−19
苦学の実演 黒岩重吾 著 60−66
前向きっていいわね 桜井よしこ 著 67−72
ベニスの商人についての大誤解 広淵升彦 著 73−76
思い出せなかった話 須賀敦子 著 77−81
眼科医という仕事 坪田一男 著 82−87
時計は溶けて 早坂暁 著 88−97
初詣、原点にかえる幸せ 栗田勇 著 98−101
ひやしもち 田辺聖子 著 102−109
宇宙から遺跡を探る 坂田俊文 著 110−113
見事な人生 うつみ宮土理 著 114−119
“世界一”の叔母 杉浦昭義 著 20−25
黒姫の赤鬼を訪ねてほしい C・W・ニコル 著 120−124
老いて、思うこと 遠藤周作 著 125−129
理系男と文系男 林真理子 著 130−134
戦記作家の五十年目 伊藤桂一 著 135−139
台湾の人たちが守った日本人銅像 柳本通彦 著 140−143
豆腐と好奇心 斎藤茂太 著 144−147
名門大学 若林ケイ 著 148−153
父の戦死地 式守与太夫 著 154−157
今ふたたび戦後日本映画を見る 川本三郎 著 158−162
「いじめ」と「笑うカイチュウ」 藤田紘一郎 著 163−168
震度7の記憶 藤本義一 著 26−31
広東人の郷土意識 譚【ロ】美 著 169−172
空気の瓶詰 九野民也 著 173−177
自動車学校で学習したカラス 仁平義明 著 178−183
兄との終戦の夏 村松英子 著 184−187
防災担当相は“知恵伊豆” 童門冬二 著 188−192
熊本時代の漱石 福島譲二 著 193−196
大きなお世話 高田宏 著 197−202
知覧と鹿屋を訪ねて 丸山崟子 著 203−209
フェルディナン・シュヴァルの“理想宮殿” 加藤恭子 著 210−215
呆けは悪いのか 渡辺淳一 著 216−219
時間の話 袖井孝子 著 32−35
ボス猿の悲劇 中川志郎 著 220−223
私の悪癖、国の悪癖 古山高麗雄 著 224−228
ゆとりの中から個性が生まれる 松山幸雄 著 229−240
髪に歴史あり 秋山仁 著 241−244
主なき書斎の中で 鴻みのる 著 245−249
硫黄島 有賀博 著 250−255
引用の母、マザーグース 鳥山淳子 著 256−260
大震災にまつわる「夢の知らせ虫の知らせ」 今井美沙子 著 261−265
うさぎのダンス 山上竜彦 著 266−271
漢字と遊ぶ 吉野弘 著 272−276
山、人を見る 古田紹欽 著 36−38
敗戦五十年目の暑い夏に 神坂次郎 著 277−282
北大路魯山人 丹羽友子 著 283−292
機会詩としての短歌 河野裕子 著 293−296
盲人は走る 杉本博敬 著 297−300
ヒツラの女 大木あまり 著 301−307
ドレスデンと東京 松尾文夫 著 308−312
時告げる星に満天の和名 桑原昭二 著 313−317
再会にマニュアルなし 高樹のぶ子 著 318−322
十分足らずの通訳 高坂正堯 著 323−326
ママ・ボーイとオモニ 栗原葉子 著 327−332
ミネラル・ウォーターかついでインドへ 深田祐介 著 39−43
ビジネスはゲームである 川井健男 著 333−337
久保田万太郎と常磐津のお師匠さん 福田はるか 著 338−345
ことわざこそ“人類共通語” 北村孝一 著 346−350
人種と草種の間柄 角田重三郎 著 351−353
小便するな 加賀乙彦 著 354−358
父と母の昔話 森繁久弥 著 359−364
漢語の狭間 張美玉 著 44−47
バースデイ・スーツ 坂村瞳 著 48−55
揺りかご 大江ゆかり 著 56−59