サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
古月禅材伝の研究 2 鈴木省訓 著 31-35
良寛郷党考 村松仙太郎 著 36-43
芝翫画亀寿斎追善摺物一紙 荻田清 著 44-56
阿部峯子『伊勢詣日記』翻刻・解題 前田淑 著 57-66
東遊記行 神作研一 著 67-91
菅江真澄の旅日記『小野のふるさと』の叙述方法 錦仁 著 92-96
『百八町記』研究(構成篇) 青山忠一 著 97-117
『百八町記』の研究(思想篇) 上 青山忠一 著 118-132
金沢藩の服忌書について 林由紀子 著 133-143
江戸時代の三方楽所楽人と三方及第 南谷美保 著 810-817
見性の心理構造 冲永宜司 著 144-164
『月堂見聞集』に見る開帳記事 2 岡田百合子 著 172-178
江戸近郷の寺子屋について 関山邦宏 著 179-189
渡辺崋山・高野長英と「蛮社の獄」 岩崎允胤 著 798-809
室町巻物問屋文書目録・解題 藪田貫 著 190-220
『日本一鑑』器用門の注釈的研究 片山晴賢 著 221-238
『日本一鑑』の基礎的研究 2 片山晴賢 著 239-251
北野目代日記の「ん」「ツ」の仮名 迫野虔徳 著 252-258
江戸共通語資料としての『物類称呼』 下 山県浩 著 259-271
近世文語研究の構想 鈴木丹士郎 著 272-279
江戸文芸作品における命令形語尾 前田桂子 著 280-285
江戸語の終助詞・上接部の種類の整理 1 中野伸彦 著 286-297
『【テ】邇乎波義慣鈔』とテニヲハ 2 佐藤宣男 著 787-797
小野篁歌字尽の考察近世寺子屋教科書の一つ 上野力 著 298-302
大和地域の地往来物の研究 梅村佳代 著 777-786
蠣崎波響漢詩論 3 高木重俊 著 303-314
蠣崎波響漢詩論 4 高木重俊 著 315-324
津阪東陽『夜航詩話』訳注稿 1 道坂昭広 著 325-332
「温海山や」歌仙注釈 上 深沢真二 著 333-339
『誹諧埋木』の成立とその変貌 榎坂浩尚 著 340-351
芭蕉の純蕉風発句に顕著な文芸的虚構 富山奏 著 771-776
『猿蓑』「几右日記」考 上 佐藤勝明 著 352-356
『去来抄』私論 藤沢毅 著 357-361
芭蕉の挫折 赤羽学 著 362-368
芭蕉と陶侃 赤羽学 著 369-375
芭蕉と『徒然草』 続続 赤羽学 著 376-382
『芭蕉発句全講』稿 3 阿部正美 著 383-393
『野ざらし紀行』小夜の中山の条の主題について 伊藤厚貴 著 394-404
泊船本『野ざらし紀行』の表記特性 続々 浜森太郎 著 405-414
芭蕉句の学習法試論 三木慰子 著 415-420
大淀三千風編『松嶋眺望集』と『おくのほそ道』 久富哲雄 著 421-427
『おくのほそ道』前後 金沢規雄 著 428-447
平成六年の『おくのほそ道』行脚 横山邦治 著 448-456
佐久間柳居 1 楠元六男 著 457-468
備中俳書『断絃集』 大内初夫 著 469-474
『泊船集解説』所収「芭蕉道之記附録」 三木慰子 著 475-481
馬琴所持の俳書について 神田正行 著 482-488
新出・加藤暁台亡命句の解釈 野田千平 著 489-498
柿谷文庫蔵『近世歌人略系』 山本和明 著 499-509
『新撰蔵月和歌鈔』の成立 三村晃功 著 510-518
『明題拾要鈔』初句索引 三村晃功 著 519-558
近衛信尋・尚嗣父子の歌道教育 大谷俊太 著 559-569
玉津島社奉納和歌の背景 神道宗紀 著 570-580
桂園派歌人八田知紀の歌集『しのふくさ』盛行の理由について 清水勝 著 581-595
桂園派歌人八田知紀と高崎正風 清水勝 著 596-599
八田知紀の著作と版本と 清水勝 著 600-614
秋成-システム上の和歌 原雅子 著 760-770
大国隆正の歌 浅野三平 著 615-621
中島広足全歌集の研究 1 岡中正行 著 622-643
愛媛大学附属図書館蔵『四拾番歌合』 田村憲治 著 644-648
天明狂歌とは何か 石上敏 著 649-654
享保期上方狂歌の一側面 光井文華 著 655-660
【シュウ】像百人狂謌弄花集 石川了 著 661-682
清元節『再春菘種蒔』諸本考 安田文吉 著 683-688
『新作流行漢語都々逸初編』の複製・翻刻・漢語索引 浅野敏彦 著 689-701
柳亭種彦の歌謡研究 小野恭靖 著 702-707
笠亭仙果の歌謡研究 小野恭靖 著 708-713
古月禅材伝の研究 1 鈴木省訓 著 9-30
近世節用集書名変遷考 佐藤貴裕 著 714-720
近世節用集版権問題通覧 佐藤貴裕 著 721-727
『月堂見聞集』に見る開帳記事 1 岡田百合子 著 165-171
『茶道歳事記』における和歌・俳句の英訳 岩崎里子 著 750-759
『いろは尽』について 石井行雄 著 728-731
いかなれば立田姫をばゆるすらん 鈴木元 著 732-738
盤珪永琢「麦舂歌」研究序説 小野恭靖 著 739-749
『日本一鑑』の基礎的研究 1 片山晴賢 著 231-238