サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

システム開発・設計 ランキング

システム開発・設計のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

収録作品一覧

ソフトウェア工学の基礎 6 日本ソフトウェア科学会FOSE’99

ソフトウェア工学の基礎 6 日本ソフトウェア科学会FOSE’99 (レクチャーノート/ソフトウェア学)

  • 荒木 啓二郎(編)/ 張 漢明(編)/ 武市 正人(編集委員)/ 米澤 明憲(編集委員)
作品 著者 ページ
ソフトメカニクスにおける制御プログラムの構成 嘉数侑昇 著
鉄道信号におけるソフトウエア安全技術とフォーマルメソッド 荻野隆彦 著 2-6
形式手法の実用化に向けての課題と展望 張漢明 著 7-17
モーバイルエージェントのためのソフトウェア工学の基礎 小野康一 ほか著 8-27
Field walker 金指文明 ほか著 28-35
分散システム合成のための形式的仕様記述言語 磯部祥尚 著 36-43
抽象解釈を導入したプロセス代数 小川昭利 ほか著 44-51
アスペクト指向設計による品質特性の達成 岸知二 著 52-59
性能面からのホットフローズンスポットの分析 岸知二 著 60-67
MVC指向アーキテクチャBeaMの機構とその評価 鷲崎弘宜 ほか著 68-75
フレームワークを用いた実装におけるテストの視点からの支援手法 嶋村威一郎 著 76-83
誤った要求の検出のための仕様化技法 大西淳 著 84-91
仕様図面に含まれる誤りの指摘と修正の促進 川端亮 ほか著 92-99
ドキュメントを含むソフトウェアモデルの提案 古山将佳寿 ほか著 100-107
ソフトウェアクォークモデルに基づくミクロソフトウェア工学の方法 鯵坂恒夫 著 108-115
ソフトウェア分散共同開発におけるコミュニケーション支援法に関する一提案 堀雅和 著 116-123
オブジェクト指向フレームワーク開発における代数仕様技術の適用経験 中島震 著 124-131
振舞意味論によるオブジェクト階層構造の記述と詳細化検証 松本充広 著 132-139
実世界指向分散エージェントシステムアーキテクチャCASAにおけるライフサイクルモデル 庭野栄一 著 140-147
Applying the adaptive agent oriented software architecture to the parsing of context sensitive grammars Babak・Hodjat 著 148-155
Zを基にした正則表現による仕様記述と検証 林雄二 著 156-163
SPINによるセキュリティ・プロトコルの検証方式 田中慎也 著 164-171
振舞仕様による通信処理システムの記述法について 海野浩 ほか著 172-179
代数仕様言語CafeOBJによる鉄道信号システムの記述と検証 清野貴博 ほか著 180-187
プログラムコンポーネントテスト支援ツール 広田豊彦 著 188-195
制約や規則の記述に注目したドメインモデル 田村恭久 ほか著 196-203
アーキテクチャ指向による要求分析 友枝敦 ほか著 204-211
メタ階層アーキテクチャにおけるモデル生成・解釈機構の開発 庄司竜一 著 212-219
CafeOBJを用いた双模倣等価性の定式化の試み 松宮千代 ほか著 220-227
等価変換に基づくプログラム生成システム 小池英勝 ほか著 228-235
Javaプログラムの振舞いのモデル化 鈴木孝聡 ほか著 236-243
非同期計算モデルによる並列プログラムの誤り検出 中村貴幸 著 244-251
テキストデータを利用したキーワードネットワーク構築支援システムの提案 榑松理樹 著 252-259
IDEFO・MCMコンバータによる協調作業分析の効率化 井上淳文 ほか著 260-267
ハードウェアを考慮したソフトウェア設計に関する研究 羽倉淳 著 268-275
Design and implementation of multi‐agent coordination David・Ramamonjisoa 著 276-282