サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
院政期における鳥羽と白河 丸山仁 著 824-832
平氏の館について 高橋昌明 著 9-19
平治の乱と熱田社 藤本元啓 著 20-26
房総の武士と真正な武士 野口実 著 27-30
元暦西海合戦試論 宮田敬三 著 31-42
鎌倉幕府成立期の軍事体制 宮田敬三 著 814-823
群議・沙汰・評定 石丸【ヒロシ】 著 43-53
鎌倉幕府初期の使節制度について 多田誠 著 54-77
六条八幡宮造営注文の「在京」について 森幸夫 著 78-85
「六条八幡宮造営注文」にみる武蔵国御家人 鈴木宏美 著 86-96
北条時宗文書の考察 川添昭二 著 97-103
中世日本の法と訴訟 上野史朗 著 104-121
常陸の国衙文書をめぐって 本郷恵子 著 122-129
相模国と三浦氏 五味文彦 著 130-137
鎮西・豊前国に於ける在地領主の存在形態 2 恵良宏 著 169-205
得宗被官論の周縁 外岡慎一郎 著 206-211
「高野合戦」攷 山陰加春夫 著 212-222
鎮西・豊前国に於ける在地領主の存在形態 恵良宏 著 138-168
『源威集』を読む 本郷和人 著 223-230
新田義貞麾下の一部将と室町幕府のある右筆について 本郷和人 著 231-233
南北朝時代の興福寺と国家 稲葉伸道 著 234-243
上杉禅秀の乱と下野 江田郁夫 著 244-252
南北朝前期における上杉氏の動向 阪田雄一 著 253-267
南北朝期の越中にみえる二宮氏について 高森邦男 著 268-273
観応の擾乱以後の桃井氏の動静 1 松山充宏 著 274-279
観応の擾乱以後の桃井氏の動静 2 松山充宏 著 280-283
喜多郡の中世領主について 石野弥栄 著 284-289
武家儀礼と土岐氏 加藤みどり 著 797-813
享徳の乱における古河公方方の戦略的配置と御旗 久保賢司 著 290-296
天台座主青蓮院門主義円時代の足利義教について 石崎建治 著 297-302
後奈良朝期の禁裏小番について 本田訓代 著 303-313
天文期における室町幕府側近衆の所領とその評価 羽田聡 著 314-323
白川氏・小峰氏と「永正の変」 垣内和孝 著 324-337
伊勢国人長野氏の「荘園押領」について 岡野友彦 著 338-345
播磨国守護赤松義村とその時代 渡辺大門 著 346-351
将軍足利義輝の側近衆 高梨真行 著 352-360
上杉憲政の越後入り 久保田順一 著 361-368
上杉氏の領国形成における直江兼続 赤沢計真 著 369-383
戦国期北信の武士と上杉氏の支配 池上裕子 著 384-398
戦国大名武田氏の上野吾妻地域経略と真田氏 栗原修 著 399-407
伊勢宗瑞(北条早雲)の出自について 家永遵嗣 著 408-420
戦国大名の朝幕政策 松下哲也 著 421-434
中世後期日本における村落の自治と訴訟 上野史朗 著 435-454
朝倉義景の花押について 佐藤圭 著 455-467
戦国期の河内国守護と一向一揆勢力 小谷利明 著 468-492
東播守護代別所則治の権力形成過程について 渡辺大門 著 493-501
中世後期防長両国における内藤氏と大名権力 阿武桂子 著 502-512
戦国期における海賊衆能島村上氏の動向 得能弘一 著 513-523
永禄末期における長宗我部氏の権力構造 市村高男 著 524-545
松浦氏の領国支配 外山幹夫 著 546-555
但馬・播磨領有期の羽柴秀長 小竹文生 著 556-563
一五・一六世紀東アジアにおける銭貨流通 大田由紀夫 著 564-584
中世後期地域権力の対外交渉と禅宗門派 伊藤幸司 著 585-595
中世後期における地域権力の対外交渉と寺院 貝英幸 著 596-607
公家領荘園の変容 西谷正浩 著 608-639
諸供領臈次番付書について 中村直人 著 640-647
年中行事からみた室町幕府の経済について 田中浩司 著 648-659
戦国大名大友氏の蔵経営 鹿毛敏夫 著 660-670
南北朝・室町期における五山派禅院の修造財源 辻直生 著 671-684
石清水八幡宮と大山崎神人 小山田陽子 著 685-694
撰銭令と列島内外の銭貨流通 橋本雄 著 784-796
中世における魚の流通 前島紫乃 著 777-783
利根川流域中世石造物石材の流通と変遷 秋池武 著 766-776
「大内氏掟書」と布子 佐藤圭 著 695-697
伊達氏系城館論序説 松岡進 著 698-715
上野の中世武家社会と城館 峰岸純夫 著 716-726
武田・北条の境目を歩く 土屋比都司 著 727-735
戦国期城郭跡に関する一考察 塚本晋 著 736-743
小谷城の絵図 谷口徹 著 744-758
筑前岩屋城の縄張り構造 中西義昌 著 759-765