サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

福音館書店 ボローニャ国際児童図書展「最優秀児童書出版社賞」受賞記念 私が選ぶ、『世界中に薦めたい福音館の本』+福音館書店全品ポイント5倍

収録作品一覧

作品 著者 ページ
「水尾点」を巡つて 築島裕 著 39-52
形容詞「いか(厳)し」の消長 坂詰力治 著 53-72
『古事記』カガナベテ再考 山口佳紀 著 73-88
「さざえ」考 宮沢俊雅 著 89-113
子音韻尾の音仮名について 沖森卓也 著 114-129
大東急記念文庫蔵続華厳経略疏刊定記巻第五の訓点について 月本雅幸 著 130-140
明恵関係聞書類としての『観智記』鎌倉時代中期写本の基礎的研究 土井光祐 著 141-164
高山寺蔵「聖教目録禅浄房灌頂」に記載された聖教について 徳永良次 著 165-191
漢文文書に於ける助詞の仮名表記の変遷 矢田勉 著 192-210
漢語「不合」の語史について 山内洋一郎 著 211-220
五音節名詞の東京方言アクセント 柳田征司 著 221-235
病と風 東辻保和 著 236-249
漢音の声母識別声点資料について 沼本克明 著 250-265
「器量」と「器用」 来田隆 著 266-286
上代における助数詞の古層と新層 三保忠夫 著 287-308
中世地方文書における文字詞 菅原範夫 著 309-323
藤原定家自筆『拾遺愚草』における和語表記の漢字 村田正英 著 324-340
西方指南抄の漢文訓読語について 金子彰 著 341-356
鎌倉時代における胎蔵儀軌の訓読について 松本光隆 著 357-375
和化漢文における否定辞を伴う「サキ」について 鈴木恵 著 376-404
古記録における「漸」と「漸漸」の意味・用法について 原卓志 著 405-426
中古・中世における「たよりなし」「びんなし」「ふびんなり」 田中雅和 著 427-447
字音直読資料としての高山寺蔵寛喜元年識語本新訳華厳経 榎木久薫 著 448-465
類聚名義抄における史記の訓の採録について 山本秀人 著 466-491
鎌倉時代における舌内入声音の諸相 佐々木勇 著 492-511
奈良国立博物館蔵『雑筆集』五巻と高山寺本表白集 山本真吾 著 512-544
鎌倉時代前期の古文書に見られる「所詮」の用法について 西村浩子 著 545-567
東大寺図書館蔵『法華経品釈』〈113・260・1〉解題並びに翻刻・影印 上 石井行雄 著 568-605
平安・鎌倉時代における「和ス」の意味用法 柚木靖史 著 606-621
「謳歌」の意味について 奕竹民 著 622-640
中世における動詞句の変遷に関する一考察 青木毅 著 641-661
興聖寺一切経における訓点資料について 宇都宮啓吾 著 662-690
図書寮本『類聚名義抄』と観智院本『類聚名義抄』の記載内容の比較 田村夏紀 著 691-707
平安・鎌倉時代における「さわぐ」を構成要素とする複合動詞語彙 土居裕美子 著 708-723
冷泉家時雨亭文庫蔵書の仮名文における「オホ〜」表記について 豊田尚子 著 724-740
『とはずがたり』の複合動詞 岡野幸夫 著 741-755
古代語における「来(く)」の一用法について 古川俊雄 著 756-771
明月記における「欲」字の用法について 連仲友 著 772-780
類義の熟字「比年」「頃年」「年来」について 橋村勝明 著 781-799
醍醐寺蔵探要法花験記における動詞の使用について 磯貝淳一 著 800-815
日本語における半濁音化をめぐる問題 浅田健太朗 著 816-835
中世における教行信証諸本間の訓読の異同 永松寛明 著 836-857
謡曲詞章における音便使用について 早川陽子 著 858-874