サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

収録作品一覧

照らし出された戦後ドイツ ゲオルク・ビューヒナー賞記念講演集 1951−1999

照らし出された戦後ドイツ ゲオルク・ビューヒナー賞記念講演集 1951−1999

  • 谷口 広治(監訳)/ ビューヒナー・レーデ研究会(ほか訳)
作品 著者 ページ
ダルムシュタットでの講演 ゴットフリート・ベン 著 13-18
ゲオルク・ビューヒナー賞の受賞に寄せて エルンスト・クロイダー 著 19-24
ゲオルク・ビューヒナー賞の受賞に寄せて マルティン・ケッセル 著 25-32
ゲオルク・ビューヒナー賞の受賞に寄せて マリー・ルイーゼ・カシュニッツ 著 33-38
知的快活さ カール・クローロ 著 39-48
ゲオルク・ビューヒナー賞の受賞に寄せて エーリヒ・ケストナー 著 49-62
亡命者たち マックス・フリッシュ 著 63-80
ゲオルク・ビューヒナー賞の受賞に寄せて ギュンター・アイヒ 著 81-96
ゲオルク・ビューヒナー賞の受賞に寄せて パウル・ツェラーン 著 97-112
そんな風にして彼は生きていった… ハンス・エーリヒ・ノサック 著 113-124
ゲオルク・ビューヒナー賞の受賞に寄せて ヴォルフガング・ケッペン 著 125-134
ゲオルク・ビューヒナー賞の受賞に寄せて ハンス・マグヌス・エンツェンスベルガー 著 135-150
発作の場所 インゲボルク・バッハマン 著 151-166
当たり前のことについての講演 ギュンター・グラス 著 167-186
息を殺したビューヒナーのメランコリー ヴォルフガング・ヒルデスハイマー 著 187-200
ゲオルク・ビューヒナーの現代性 ハインリヒ・ベル 著 201-208
ゲオルク・ビューヒナーと革命 ゴーロ・マン 著 208-226
ゲオルク・ビューヒナー賞の受賞に寄せて ヘルムート・ハイセンビュッテル 著 227-232
何ひとつとして決着はつかない トーマス・ベルンハルト 著 233-236
ゲオルク・ビューヒナー賞の受賞に寄せて ウーヴェ・ヨーンゾン 著 237-258
ゲオルク・ビューヒナー賞の受賞に寄せて エリーアス・カネッティ 著 259-272
頭蓋のしたで守られていること ペーター・ハントケ 著 273-280
幸運とドイツの詩人たち ヘルマン・ケステン 著 281-294
私は何ひとつ確信をもって言えません マネス・シュペルバー 著 295-304
一八三七年二月十六日午後 ハインツ・ピオンテク 著 305-312
感謝の言葉 ライナー・クンツェ 著 313-318
衰弱をおくらせる ヘルマン・レンツ 著 319-328
感謝の言葉 クリスタ・ヴォルフ 著 329-342
何ゆえに神は死ぬ マルティン・ヴァルザー 著 343-350
ゲオルク・ビューヒナー賞の受賞に寄せて ヴォルフディートリヒ・シュヌレ 著 351-364
文学、時にそれは血を流すような仕事 エルンスト・ヤンドル 著 365-372
傷口ヴォイツェク ハイナー・ミュラー 著 373-376
ゲオルク・ビューヒナーと根拠律 フリードリヒ・デュレンマット 著 377-388
もはや老いることのないこの若者の意を継いで エーリヒ・フリート 著 389-406
「尊敬すべき協会」と文学 アルベルト・ドラッハ 著 407-410
地球—一つの頭脳 ボート・シュトラウス 著 411-422
ゲオルク・ビューヒナーの失われた戯曲をめぐる空想 タンクレート・ドルスト 著 423-436
歴史のぞっとする宿命論に差す光 ヴォルフ・ビーアマン 著 437-452
愛の告白 ジョージ・タボーリ 著 453-460
ドイツ噓物語 ペーター・リュームコルフ 著 461-474
アードルフ アードルフ・ムシュク 著 475-490
肉体を打ち砕く ドゥルス・グリューンバイン 著 491-500
感謝の言葉 ザーラー・キルシュ 著 501-506
言葉を失うこと H・C・アルトマン 著 507-510
私たちの目の前にあるもの、私たちの目の前に置かれたもの エルフリーデ・イェリネク 著 511-518
解剖メスをもった哀れみ アルノルト・シュタードラー 著 519-532