サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 学校では教えてくれない大事なこと ポイント5倍キャンペーン(~11/8)

収録作品一覧

日本統治期台湾文学文芸評論集 復刻 第3巻 一九三六年・六月〜一九四一年・五月

日本統治期台湾文学文芸評論集 復刻 第3巻 一九三六年・六月〜一九四一年・五月

  • 中島 利郎(編)/ 河原 功(編)/ 下村 作次郎(編)
作品 著者 ページ
台湾文壇の明日を担ふ人々 楊逵 著 9-11
台湾芸術運動の統一促進について   12
新文学五月号感言 翁閙 著 13
文壇寸感 呉兆行 著 13
批評よりも指導せよ! 陳雪村 著 14
歴史文学について 佃竜 著 15
『南薫リードバンド』の創設について 董祐峰 著 16-17
感想 静波 著 18
『紳士への道』には感服 藤野雄士 著 18
覇気がない! 川木良 著 18
『紳士への道』を推す 秋山一夫 著 19
協議会よりは倶楽部がいい 高明 著 20
『紳士への道』と『田園小景』 呉濁流 著 21
台湾新文学六月号の作品について 茉莉 著 22-25
頼懶雲論 王錦江 著 26-31
新劇運動の再出発に際して   32
新文学七月号試評 蘇宴仙 著 33-34
論壇・五、六、七月号作品漫評 宮安中 著 35-36
論壇・台新六月号小感 陳夢痕 著 37
論壇・詩歌的重要性及其批評 林克夫 著 38-42
台湾文学当面の諸問題 荘天禄 ほか座談 43-51
文学雑感 呂赫若 著 52-55
随筆・文学界の「敵」として立つ 陳鈍也 著 56-58
舞踊と文学 曽石火 著 59-64
崔承喜の舞踊 呉天賞 著 65-66
研究会・読者会の結成へ!   67
戯曲評 耐霜 著 68-70
台新八月号創作評 黄得時 著 71-73
読んだ小説から 荘培初 著 74-78
台中演劇倶楽部の組織経過について 林朝培 著 79-80
中国映画界を語る 羅朋 著 81-82
新劇通信 石川智一 著 83-85
談々最近的文芸批評 李爺里 著 86-89
読貴誌感対漢詩之管見 呉濁流 著 90-92
魯迅を悼む   93
台湾の演劇に就いて 耐霜 著 94-97
大文豪魯迅逝く 黄得時 著 98-104
関於剽窃問題 点人 著 105-107
文学漫談 続 布施辰治 著 108-113
最高の教養人たれ! 林房雄 著 114
感じたこと一二 守安理 著 115
真に現実を反映したもの 米村健 著 116
台湾作家に望む 長塚藤一 著 117-118
台湾文学界総検討座談会 宇津木智 ほか座談 119-127
遺された悩み 陳永邦 著 128-132
世界的作家たれ! 葉山嘉樹 著 133
世界を相手に 高山望洋 著 133
台湾的真実の追求 森千 著 133
文芸時評 大村章三 著 134-142
『普賢』『地中海』及び『パパイヤのある街』 土曜人 著 143
展望台 悪竜之助 著 144-145
報告文学問答 楊逵 著 146-150
随筆集・若き台湾文学のために 竜瑛宗 著 151-154
南島文学志 松風子 著 155-163
彬しき昭和十二年の本島文芸界 柳川浪花 著 164-165
文化月評・〈大地〉〈映画・望春風〉 志馬陸平 著 166-167
日孝山房私版発願記 西川満 著 168-169
巻頭言・文章と生活 張文環 著 170-172
文芸時評・〈淡水と三つの小説〉〈文化と図書館〉 黄野人 著 173-177
佐藤春夫氏の『女誡扇綺譚』 松風子 著 178-209
文芸時評・協会運動と忘八 堀越生 著 210-214
文芸時評・「ながれ」のモデル K・M 著 215-219
華麗島を過ぎて 火野葦平 著 220-222
西川満氏の詩業 松風子 著 223-246
詩作について 新田淳 著 247-248
外地文学研究の現状 島田謹二 著 249-252
時局下台湾の娯楽界 志馬陸平 著 253-257
劉家謀の『海音』に就いて 楊雲萍 著 258-265
台湾文学の将来に就いて 張文環 著 266-268
台湾文芸雑誌興亡史 1-3 編輯部 著 269-276
思ふことなぞ 中山侑 著 277-278
台湾文化への道 徐瓊二 著 279-283
作家の眼 竜瑛宗 著 284-285
作家紹介(中村地平氏の巻) 編輯部 著 286-287
創作せむとする友へ 竜瑛宗 著 288-292
張文環と“山茶花”についての覚え書 藤野雄士 著 293-294
台湾文学の研究 楊雲萍 著 295-299
作家紹介(真杉静枝の巻) 編輯部 著 300-301
台芸評壇 胴蛇 著 302-303
楊浚は楊承藩にあらず 楊雲萍 著 304-309
“七娘媽生”を書いた頃 黄氏鳳姿 著 310-311
外地文学の課題 中村哲 著 312-315
女誡扇綺譚 新垣宏一 著 316-321
『女誡扇綺譚』の話者について 松風子 著 322-323
『文芸台湾』作家論 竜瑛宗 著 324-327
浜田隼雄氏の小説 D 著 328
文芸評論 竜瑛宗 著 329-333
昭和十五年度の台湾文壇を顧みて 編輯部 著 334-338
娯楽としての皇民化劇 黄得時 著 339-344
新体制と文化 竜瑛宗 ほか著 345-346
庄司総一氏の『陳夫人』について 浜田隼雄 著 347-350
台湾に於ける文学について 神田喜一郎 著 351-372
台湾の文学的過現未 島田謹二 著 373-395
手紙 国分直一 著 396-398
陳夫人について 田子浩 著 399-412
想ふまゝに 呂赫若 著 413-416

アジアの小説・文学 ランキング

アジアの小説・文学のランキングをご紹介します一覧を見る