サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

収録作品一覧

作品 著者 ページ
日本朗詠史年表 青柳隆志 著 9-20
最上義光の文芸活動 名子喜久雄 著 21-25
建久の兼実 加納重文 著 26-35
古語の解釈二題 西田直敏 著 36-41
『玉葉』にみえる「謀叛」用例について 古沢直人 著 42-52
『建武年中行事』雑考 5 佐藤厚子 著 53-62
『蘆雪本御成敗式目抄』にみる近世前夜 榊原千鶴 著 63-70
竜宮から来た薬師とうなずく薬師 青木千代子 著 71-78
終助辞「かし」をめぐって 森脇茂秀 著 79-85
『蒙求抄』古活字版の錯簡について 鈴木博 著 86-90
易林本節用集の編纂資料に就いて 高橋久子 著 91-118
作語攷 萩原義雄 著 119-153
『【アイ】囊鈔』における知 小助川元太 著 154-159
「石清水八幡宮権別当田中宗清願文案」漢字仮名交り本文と和化漢文本文との対照考察 田中雅和 著 160-165
「月ガ瀬本仮名書き法華経」について 3 野沢勝夫 著 166-169
月ガ瀬本仮名書き法華経譬喩品 3 野沢勝夫 著 170-178
中世曹洞宗文献の形態と特質 安藤嘉則 著 179-190
無住と空門 桜岡寛 著 191-206
絶海中津の関東再遊について 朝倉和 著 207-227
『錦繡段』小考 続 堀川貴司 著 228-232
月船禅慧の研究 4 鈴木省訓 著 241-252
頓智の一休和尚とその周辺 中川徳之助 著 253-259
伊達文庫本『顕季集』について 近藤香 著 260-264
西行と松についての一考察 河内信子 著 265-269
良経と時間 海老原昌宏 著 270-274
忠盛歌の一考察 下西忠 著 275-282
歌合における源頼政 鵜沢亜矢子 著 283-289
殷富門院大輔の南都巡礼歌をめぐって 村尾誠一 著 290-296
兼実・良経と定家 加納重文 著 297-307
中世初頭の南都僧侶歌人二題 村尾誠一 著 308-317
千載和歌集 秦澄美枝 著 318-332
藤原俊成筆自撰家集切考 上条彰次 著 333-351
『俊成三十六人歌合』について 田仲洋己 著 352-363
藤原俊成自筆『広田社歌合』にみられる仮名の字体について 豊田尚子 著 364-371
新古今時代の「風」 1 見尾久美恵 著 372-378
『三百六十番歌合』本文小考 千草聡 著 379-384
隠岐本新古今和歌集削除歌考 寺前友美 著 385-395
式子内親王集の歌境 続 奥野陽子 著 396-415
式子内親王の忍ぶ恋の歌 平井啓子 著 416-420
家隆における西行歌受容考 茅原雅之 著 421-429
藤原為家と阿仏尼との和歌の贈答に関する一考察 田辺麻友美 著 430-436
寂蓮の私撰和歌集入集歌について 半田公平 著 437-447
建永元年七月『和歌所当座歌合』前後 藤平泉 著 448-455
定家の「濃様」の本質 佐藤茂樹 著 456-466
定家の「むめの花」詠における『伊勢物語』摂取の方法 村中菜摘 著 467-472
西行の歌に対する定家の批評 武田元治 著 473-482
妙荘厳王の家 草野隆 著 483-504
『五代簡要』と定家の詠作 今井明 著 505-510
『五代簡要』の増補と詠歌 渡邉裕美子 著 511-516
『月卿雲客妬歌合』攷 松井律子 著 517-533
楊梅兼行の和歌 伊藤伸江 著 534-545
『玉葉集』為兼の恋歌の構成意識 伊藤高広 著 546-551
兼好の誹諧歌試論 荒木尚 著 552-558
頓阿の表現方法 酒井茂幸 著 559-564
新出の頓阿日次家集(断簡)をめぐって 小林大輔 著 565-569
井蛙抄雑談篇全注釈 2 野中和孝 著 581-590
正徹の文芸とその思想 小出敬一 著 591-597
「蟬の歌」覚書 白井忠功 著 598-602
細川高国と三条西実隆の親交 森田恭二 著 603-611
素俊法師と橘成季 松本麻子 著 612-618
「永享五年北野社一日一万句連歌」の座衆 広木一人 著 619-625
足利義教邸月次連歌会について 三角範子 著 626-637
宗長撰の句集『老耳』に就いて 三嶋健男 著 638-646
連歌師宗長の肖像 鶴崎裕雄 著 647-651
「細川幽斎発句集」稿 大島富朗 編 652-671
冷泉家蔵本『早歌抜書』の研究 外村南都子 著 672-676
稚児愛満丸二十八年の生涯 森田恭二 著 677-690
ふたつの《心》 相川宏 著 691-698
鎌倉時代の仏教者の語彙について 金子彰 著 699-706
『錦繡段』小考 堀川貴司 著 215-232
月船禅慧の研究 3 鈴木省訓 著 233-240
紫のねずりの衣 渡部泰明 著 707-717
『歌枕名寄』の鴨長明の和歌について 辻勝美 著 718-722
宗尊親王の幼少期 野中和孝 著 723-729
井蛙抄雑談篇全注釈 1 野中和孝 著 570-580
連歌と馬頭夫人譚 小林幸夫 著 730-737
「賦何船連歌」の解題ならびに翻刻 古瀬順一 著 738-742